Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第10話 僧仁康祈念地蔵遁疫癘難語 第十

今昔、京に祇陀林寺と云ふ寺有り。其の寺に仁康と云ふ僧住けり。此れは横川の慈恵大僧正の弟子也。心に因果を信じて、三宝を敬ひ、身に戒行を持(たもち)て、衆生を哀ぶ事、仏の如し。

而る間、治安三年と云ふ年の、四月の比、京中、及び天下に疫癘盛りに発て、病に死ぬる輩多かり。然れば、道に死屍隙無し。此れに依て、上中下の人、空を仰て歎き合へる事限無し。

而る間、仁康、夢に一人の小僧有り。其の形ち端厳也。房の内に号び来て、仁康に告て云く、「汝ぢ、世の無常なる事を観ずや否や」と。仁康、答て云く、「昨日見し人は見えず。朝に見る者は夕には失ぬ。此れ、只近日也」と。小僧、咲て云く、世の無常、今始めて愁ふべからず。若し、汝ぢ事に於て其の恐れを思ひ1)、速に地蔵菩薩の蔵を造て、其の前2)功徳を讃歎すべし。然れば、近は五濁に迷ふ輩を救ひ、遠は三途に苦ぶ者を訪はむ」と宣ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、仁康、道心を発して、忽に大仏師康成が家に行て、相語て、不日に地蔵の半金色の像を造て、開眼供養しつ。其の後、地蔵講を始行ふ。道俗男女、首を低(かたぶけ)て、掌を合せて来り臨て結縁す。

而る間、其の寺の内、并に仁康が房の内に、更に疫癘の難無し。亦、此の夢の告有る事を聞て、仁康が得意と有る者共、及び、横川の人々、此の講に縁を結べる輩、皆敢て此の難無し。「此れ、希有の事也」と云て、其の地蔵講、弥よ繁昌也。

此の如くして、仁康、既に年八十に及て、命終る時、心違はずして、西に向て直(うるはし)く居て、阿弥陀仏、並に地蔵菩薩の名号を唱て、眠るが如くして失にけり。

然れば、二世の利益、地蔵菩薩の誓に過たるは無しと知て、世の人、専に信じ奉るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「思ヒハ思ハバノ誤カ」
2)
底本頭注「前ノ下ニテノ二字ヲ脱セルカ」。鈴鹿本「前にてその」
text/k_konjaku/k_konjaku17-10.txt · 最終更新: 2015/12/30 14:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa