Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻16第36話 醍醐僧蓮秀仕観音得活語 第卅六

今昔、醍醐に蓮秀と云ふ僧有けり。妻子を具せりと云へども、年来、懃に観音に仕けり。日毎に観音品百巻をぞ読奉ける。亦、常に賀茂の御社にぞ参ける。

而る間、蓮秀が身に重き病を受て、苦み悩む事限無し。日来を経て、遂に死ぬ。其の後、一夜を経て活(いきかへり)ぬ。

妻子に語て云く、

「我れ、死て、高く嶮き峰を超て、遥の道を行きき。人の跡絶て、鳥の音をだに聞こえず。只極て怖し気なる鬼神をのみ見る。此の深き山を超畢てて、大なる河有り。広く深くして、怖し気なる事限無し。

其の河の此方の岸に、一人の嫗有り。其の形、鬼の如く也。甚だ怖ろし。一の大□□□□□□□□に居たり。□□□□□□□衣を懸たり。而る間、此の嫗に鬼□□□□□□□□□□□河也。『我れは、此れ三途河の嫗也。汝ぢ速に衣を脱て、我れに得しめて、河渡るべし』と。

其の時に、蓮秀、衣を脱て嫗に与へむと為る間、四人の天童、俄に来て、蓮秀が嫗に与へむと為る衣を奪取て、嫗に云く、『蓮秀は、此れ法花の持者、観音の加護し給ふ人也。汝ぢ、嫗鬼、何ぞ蓮秀が衣を得べきぞ』と。其の時に、嫗鬼、掌を合せて、蓮秀を敬て、衣を得ず。

而る間、天童、蓮秀に語て云く、『汝ぢ、此をば知れりや。冥途也。悪業の人の来る所也。汝ぢ、速に本国に返て、吉く法花経を読誦し、弥よ観音を念じ奉て、生死を離れて浄土に生れむ事を願へ』と教へて、蓮秀を具して将返る間、途中に亦二人の天童来り。向て云く、『我等は、此れ賀茂の明神の、蓮秀が冥途に趣くを見給て、将返らしめむが為に遣す所也』と云ふと思ふ程に、活れる也」

と語る。

其の後、病忽に止て、飲食する事本の如し。亦、起居軽くして、前に違はず。其の後は弥よ法花経を読誦し、観音に仕けり。亦、賀茂の御社に参けり。

神に在すと云へども、賀茂は冥途の事をも助給ふ也けり。此くなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku16-36.txt · 最終更新: 2015/12/22 11:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa