Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻16第11話 観音落御頭自然継語 第十一

今昔、奈良の京に下毛野寺と云ふ寺有り。其の寺の金堂の東の脇士に観音在ます。

聖武天皇の御代に、其の観音の御頭、其の故無くして、俄に頸より落給ひにけり。檀越、此れを見て、「即ち継ぎ奉らむ」と思ふ間に、一日一夜を経て、朝に見奉れば、其の頭、人も継ぎ奉らざるに、自然に本の如く継がれ給ひにけり。檀越、此れを見て、「此れは、誰が継ぎ奉たるぞ」と尋ぬるに、更に継ぎ奉れる人無し。

然れば、「奇異也」と思ふ間に、観音、光を放ち給ふ。檀越、驚て、此れ何の故と云ふ事を知らず。但し、智り有る人の云く、「『菩薩の御身は常住にして、滅する事無し』と云ふ事を、愚痴不信の輩に知らしめむが為に、其の故無くして頭落給て、人継ぎ奉らざるに本の如く成り給ふ也」と。

檀越、此れを聞て、悲び貴ぶ事限無し。亦、此れを見聞く人、皆貴びて、「奇異の事也」とて、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku16-11.txt · 最終更新: 2015/11/29 15:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa