Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻16第1話 僧行善依観音助従震旦帰来語 第一

今昔、□□天皇の御代に行善と云ふ僧有けり。俗姓は堅部の氏、仏法を習ひ伝へしむが為に高麗国に遣す。

然れば、行善、彼の国に至るに、其の国、他国の為に破られける時に当て、国の人、皆王城の方に籠て、国に人無ければ、行善、騒ぎ迷て逃て行けるに、大なる河有り。其の辺に至て、河を渡らむと為るに、河深くして、歩にて渡る事能はず。此(かか)れば、「船に乗て渡らむ」と思て、船を求むるに、船も皆隠してければ無し。橋有りと出へども、皆破りてければ、渡るべき様無し。而る間、「人や追て来らむずらむ」と思ふに、更に物思えず。

然れば、行善、為べき方無きに依て、破れたる橋の上に居て、只観音を念じ奉る間、忽に老たる翁、船を指て河の中より出来て、行善に告て云く、「速に此の船に乗て渡るべし」と。行善、喜て船に乗て渡ぬ。

即ち、下て陸にて見るに、翁も見えず、船も無し。然れば、行善、「此れ観音の助け給ふ也けり」と思て、礼拝して願を発す。「我れ、観音の像を造奉て、恭敬供養し奉らむ」と誓て、其の所を遁れ去て、王城の方に行て、暫く隠れて有る程に、乱も静まりぬれば、「此の国に有ては、益無かりけり」と思て、其より伝はりて、唐に渡ぬ。

□□と云ふ人を師として法を学す。亦、願を発し所の観音の像を造奉て、供養して、日夜に恭敬し奉る事限無し。

其の時に、唐の天皇、行善を召して問はれけるに、彼の高麗にして河を渡る間の事共、聞給て、行善を帰依し給ふ事限無し。亦、世に行善を「河辺の法師」と付たり。観音の化して河を渡し給たれば、其れを聞て云ふなるべし。

此の如くして、唐に有る間、日本の遣唐使□□と云ふ人の帰朝しけるに付て、養老二年と云ふ年、日本に返り来にけり。

行善、高麗にして、乱に値て、河を渡らずなりし時、老翁来て船を渡せりし事共、具に語りけり。此の国の人、此れを聞て貴ぶ事限無し。其の観音の像をも具し奉て、此の国に返て、興福寺に住して、殊に恭敬供養し奉けり。

此の国にては、老師行善とぞ云ひけるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku16-1.txt · 最終更新: 2015/11/13 01:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa