Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第7話 梵釈寺住僧兼算往生語 第七

今昔、三井寺の北に梵釈寺と云ふ寺有り。其の寺に兼算1)と云ふ僧住けり。心に瞋恚を発す事を離れて、諸の人を見ては、必ず「物を与へむ」と思ふ心有けり。然れば、身に財を持たずと云へども、房の内に一塵の物を貯へずして、自然ら出来る物をば、親き疎きを撰ばず、乞ふ人に施す。亦、兼算、幼の時より道心有て、弥陀の念仏を唱へ、亦、殊に不動尊を念じ奉ける。

而るに、兼算、若き時、夢に止事無き人来て、告て云く、「汝は此れ前生に阿弥陀仏に仕りし乞人也」と。其の後、此の事を信じて、年来念仏を唱へて過ぐる間、身に重き病を受て、苦しび煩ひけるに、七日を経て後に、兼算、忽に起居ぬ。傍に有る人、「病頗る減ずる気有り」と見る程に、兼算、宜し気なる気色にて、弟子の僧を呼て、語て云く、「我れ既に命終りなむと為るに、忽に空の2)中に微妙の音楽の音有り。汝等、同く此れを聞くや否や」と。弟子、「聞かず」と答て、房の内の人に普く此れを問ふに、皆聞かざりつる由を云ふ。其の時に3)、兼算、弟子共を呼び寄せて、諸共に念仏を唱へて暫く有る程に、兼算、亦臥ぬ。弟子共に告て云く、「汝等、尚々念仏を唱へて、音を断つ事無かれ」と。其の後、兼算、手に阿弥陀の定印を結て、西に向て、其の印乱れずして失にけり。

弟子共、此れを見て、「我が師、必ず極楽に往生しぬ」と云て、泣々く弥よ念仏を唱へて、悲び貴びけり。亦、此れを聞く人、皆貴ばずと云ふ事無かりけり。

「奇異の事也」とて、語り伝ふるを聞継て、此く語り伝へたるとや。

1)
「兼算」は底本異体字、「兼筭」。標題以下すべて同じ。
2)
底本「空に」
3)
底本「に」は空白。脱字とみて補う。
text/k_konjaku/k_konjaku15-7.txt · 最終更新: 2015/10/01 16:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa