Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第5話 比叡山定心院僧成意往生語 第五

今昔、比叡の山の定心院と云ふ所の十禅師として、成意と云ふ僧有けり。心浄くして、染着する所無かりけり。

而るに、成意、本より持斎を好まずして、心に任せて、朝夕に物を食ふに、弟子有て、師の成意に問て云く、「山上に止事無き僧多く持斎す。□□我が師独り、斎食給はずして、朝夕に食し給ふ」と。師答て云く、「我れ、本より身貧くして、此の院の日供の外に、亦得る所の物無し。然れば、只有に随て食する也。或経に云く、『心、菩提を障(ささ)ふ。食、菩提を障へず』と。然れば、食に依て、更に後世の妨と成るべからず」。弟子、此れを聞て、「現に」と思て去ぬ。

其の後、数年を経て、成意、弟子に語て云く、「今日の我が食を、常の程には増して食はしむべし」と。弟子、師の言に依て、食を増して備へたり。師、此れを食し、亦、普く弟子等に此れを分けて、告て云く、「汝等、専に我が此の備を食せむ事、只、今日許也」と云て、一人の弟子に云く、「汝、無動寺の相応和尚の御房に行て、申すべし。『成意、只今、極楽に参るべし。対面を給はらむ事、彼の極楽にして有るべし』と」。亦、一人の弟子を呼て云く、千光院の増命和尚の御房に行て、前の如く申すべき由を云ふ。

弟子等、各此れを聞て云く、「此の御言、定て妄語にてや有らむ」と。師の云く、「我れ、若し妄語にて、今日死なずば、我が狂(たはれ)て云けると知るべし。汝ぢ、何ぞ愧づる心有らむ」と。

然れば、弟子、各彼の房々に詣ぬ。弟子、彼の二所へ行て、未だ返らざる程に、成意、西に向て掌を合て、居乍ら失にけり。弟子、返り来て、此れを見て泣々く悲び貴む。亦、院の内の人、此れを聞て、皆な其の所に来て、貴び悲しまざるは無し。

「身に病無くして、只今死せむ事を知て、止事無き人々に此れを告て、西に向て死ぬる、此れ、必ず極楽に参れる人」とぞ、人、皆云けるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku15-5.txt · 最終更新: 2015/09/29 15:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa