Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第47話 造悪業人最後唱念仏往生語 第四十七

今昔、□□国に一の人有けり。罪を造るを以て役とせり。殺生放逸惣て限無し。

此の如くして□□年来を経る間、人有て教て云く、「罪を造れる人は、必ず地獄に堕る也」と。此の人、此の事を聞くと云へども、敢て信ぜずして云く、「『罪を造る人、地獄に堕つ』と云は、極たる虚言也。更に然る事有らじ。何に依てか、然る事有らむ」と云て、弥よ殺生をし、放逸を宗とす。

而る間、此の人、身に重き病を受て、日来経て、既に死なむとす。其の時に、此の人の目に、火の車見えけり。此れを見てより後、病人、恐ぢ怖るる事限り無くして、一人の智り有る僧を呼て、問て云く、「我れ、年来、罪を造るを役として過ぎつるに、人有て、『罪造る者は、地獄に堕つ』と云て制せしを、『此れ虚言也』とのみ思て、罪造る事を止めずして、今死なむとお為る時に臨て、目の前に火の車来て、我れを迎へむとす。然れば、罪造る者、地獄に堕つと云ふ事は実にこそ」と、年来信ぜざりける事を、悔ひ悲びて泣く事限無し。

僧、枕上に居て、此れを聞て云く、「汝ぢ、罪を造て地獄に堕つと云ふ事を、年来信ぜずと云へども、今、火の車の来るを見て信じつや」と。病人の云く、「火の車、目の前に現じたれば、深く信じつ」と。僧の云く、「然れば、『弥陀の念仏を唱ふれば、必ず極楽に往生す』と云ふ事を信ぜよ。此れも仏の説き給へる所也」と。

病人、此れを聞て、掌を合て、額に宛て、「南無阿弥陀仏」と慥に千度唱ふるに、僧、病人に問て云く、「火の車は尚見ゆや否や」と。病人、答て云く、「火の車は忽に失ぬ。金色したる大きなる蓮花一葉なむ、目の前に見ゆる」と云ふままに失にけり。其の時に、僧、涙を流して、悲び貴びて返にけり。此れを見聞く人、貴ばずと云ふ事無し。

此れを思ふに、仏の説き給ふ所に露も違はねば、只念仏を唱ふべき也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku15-47.txt · 最終更新: 2015/11/08 13:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa