Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第40話 睿桓聖人母尼釈妙往生語 第四十

今昔、睿桓と云ふ聖人有けり。其の母、若より心柔軟正直にして、人を哀れび、生類を悲ぶ心深かりけり。堅く道心発にければ、遂に髪を剃て、尼に成ぬ。

出家の後は戒律を持(たもち)て犯す事無し1)。穢き手を以て水瓶を取らず。手を洗はずして袈裟を着ず。仏の御前に参る時には、手を洗ひ、身を浄めてぞ参ける。永く西に向て大小便利をせず。亦、跡を西にせず。枕を東にせざりけり。昼夜に法花経を読誦し、寤寐に弥陀の念仏を唱へて、百万遍を満たる事、数度也。

而る間、釈妙、常に夢に仏来り給て、釈妙に告て宣はく、「我れは此れ汝を引摂せむが為に、常に来て守護す」と宣ふと見けり。

釈妙、遂に老に臨て、命終らむと為る時に、仏に向ひ奉て、五色の糸を仏の御手に懸て、其れを取て、心を至して念仏を唱へて、心違はずして失にけり。此れを見聞く人、皆貴ばずと云ふ事無し。

此れ、正暦三年と云ふ年の、□月□日の事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本「元し」。誤植とみて訂正。
text/k_konjaku/k_konjaku15-40.txt · 最終更新: 2015/11/05 23:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa