Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第37話 池上寛忠僧都妹尼往生語 第卅七

今昔、池上の寛忠僧都と云ふ人有けり。其の人の同母の妹1)にて一の尼有けり。

其の尼、心柔需2)にして、永く放逸邪見を離れたり。亦、一生の間寡にして、男に嫁ぐ事無かりけり。常に世を厭て、後世の事を心に懸く。遂に髪を剃て尼と成ぬ。寛忠僧都、此の妹の尼を哀れむで、其の住む寺の辺に迎へ居へて、朝暮に此れを養育しけり。

而る間、尼、漸く老に臨むで、只阿弥陀の念仏を唱へて、他念無く、「極楽に往生せむ」と願ひけり。而るに、尼、僧都を呼て、告て云く、「我れ明後日に極楽に往生せむとす。然れば、今日より始めて、不断の念仏を修せむと思ふ」と。僧都、此れを聞て、喜び貴びて、貴き僧共を請じ集めて、三箇日、夜の間、不断の念仏三昧を修せしむ。其の時に、尼、亦僧都を呼て云く、「只今、西方より微妙の宝を以て荘(かざ)れる輿3)(こし)飛び来て、我が眼前に有り。但し、此の濁穢なるに依て、仏菩薩は返り去り給ひぬ」と。僧都、此れを聞て、涙を流して無く事限無し。尼も亦泣々喜び貴ぶ。而る間、僧都、泣々く諷誦を行ふ事、両度也。

明る日、亦、尼、僧都を呼び寄せて云く、「今ぞ、菩薩聖衆、此に来り給へる。我れ、往生の時至れる也」と云て、隠居て、念仏唱へて失にけり。僧都、此れを見、涙を流して、泣々く喜び貴びて、弥よ尼の後世を訪ひけり。亦、此れを聞き及ぶ人は、皆貴ばずと云ふ事無かりけり。

此れを思ふに、尼、目に極楽の迎へを見て告ける事、有難く貴き事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「妹ハ姉ノ誤カ」
2)
底本異体字。而の下に大
3)
底本異体字「轝」
text/k_konjaku/k_konjaku15-37.txt · 最終更新: 2015/11/03 12:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa