Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第36話 小松天皇御孫尼往生語 第卅六

今昔、小松の天皇1)の御孫にて、尼有けり。若くして□□□□□と云ふ人に嫁て、三人の子を産せり。其の子共、幼くして、皆打次(つづ)き失にけり。母、此れを歎き悲むと云へども、甲斐無くして過る程に、其の後、幾の程も経ずして、亦其の夫失にければ、世の無常なる事を厭て過るに、寡にして人に近付く事無かりけり。

而る間、念々に道心発にければ、遂に出家して尼と成ぬ。其の後、偏に弥陀の念仏を唱へて、更に余の思ひ無し。

而る間、尼、腰に病有て、起居に叶はず。然れば、医師に問ふに、医師の云く、「此れ、身の痩せ疲れたるに依て至す所の病也。速に肉食を用ゐるべし。其の外に療治に叶ふべからず」と。尼、医師の言を聞くと云へども、肉食を用ゐて身を助て𡀍2)さむと思ふ心無くして、肉食する事能はずして、弥よ念仏を唱へて、「極楽に往生せむ」と願ふより外の思ひ無し。

而るに、療治せずと云へども、腰の病、自然に𡀍3) て、起居本の如く也。尼、本より心柔需4)にして、慈悲有り。然れば、人を哀び生類を悲ぶ事限無し。

而る間、尼、年五十余に成る程に、忽に身に少しの病有て、悩み煩ふ間、空の中に微妙の音楽の音有り。隣り里の人、此れを聞て驚き怪ぶ間、尼、傍に有る人に告て云く、「阿弥陀如来、今来り給て、我れを迎へ給ふ。我れ、只今永く此の土を去て、極楽に往生しなむとす」と云て、西に向て失にけり。

此れを見る人、涙を流して悲び貴びけり。此れを聞く人、亦貴ばざるは無かりけり。「此れ奇異の事也」とて、語り伝ふるを聞き継て、此く語り伝へたるとや。

1)
光孝天皇
2) , 3)
口へんに愈
4)
底本異体字。りっしんべんに而の下に大
text/k_konjaku/k_konjaku15-36.txt · 最終更新: 2015/11/02 22:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa