Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第22話 始雲林院菩提講聖人往生語 第廿二

今昔、雲林院と云ふ所に、菩提講を始め行ひける聖人有けり。本は鎮西の人也。

極たる盗人也ければ、捕へられて、獄に七度禁ぜられたりけるに、七度と云ふ度、捕て、検非違使共集て、各議して云く、「此の盗人、一度獄に禁ぜられたらむに、人として吉き事に非ず。況や、七度まで獄に禁ぜられむ事は、世に有難く極たる公の御敵也。然れば、此の度は其の足を切てむ」と定めて、足を切らむが為に、川原に将行て、既に足を切らむと為る時に、世□□□と云ふ相人有り。人の形を見て、善悪を相するに、一事として違ふ事無かりけり。

而るに、其の相人、其の盗人の足切らむと為る所を過るに、人多く集れるを見て、寄て見るに、人の足を切らむとす。相人、盗人を見て、切る者に向て云く、「此の人、我れに免して足を切る事無れ」と。切る者の云く、「此れは極たる盗人として、七度まで獄に禁ぜられたる者也。然れば、此の度は検非違使集て、『足を切るべし』と定められて切らるる也」と。相人の云く、「此れは必ず往生すべき相を具したる者也。然れば、更に切るべからず」と。切る者の云く、「由無き相為る御房かな。此く許の悪人は、何ぞの往生為べきぞ。物も思えぬ相かな1)」と云て、只切に切らむと為(す)。

相人、其の切らむと為る足の上に居て、「此の足の代に我が足を切るべし。必ず往生すべき相有らむ者の足を切らせて我れ見ば、罪遁れ難かりなむ」と云て、音を挙て叫びければ、切らむと為る者共、繚(あつかひ)て検非違使の許に行て、「然々の事なむ侍る」と云ければ、検非違使共、亦相ひ議して、「然る止事無き相人の云ふ事なれば、此れを用ゐざらむ不便也」とて、非違の別当□□□□と云ふ人に此の事を申すに、「然は、免し追ひ棄てよ」と有ければ、足を切らずして追ひ棄てけり。

其の後、此の盗人、深く道心を発して、忽に髻を切て法師と成ぬ。日夜に弥陀の念仏を唱て、懃に、「極楽に生れむ」と願ひける程に、雲林院に住して、此の菩提講を始め置ける也。

遂に命終る時に臨て、実に相(さう)叶ひて、極て貴くてぞ失にける。「年来悪を好むと云へども、思ひ返て、善に趣きぬれば、此く往生する也けり」と云て、人、皆貴び合ひけり。

然れば、往生為べき人は、必ず其の相有なるを、見知る相人の無くして相せぬを、此れは見知て相したるなるべし。

菩提講始め置けるも、于今絶えずして、極て貴き事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「不思エヌ相カナ宇治拾遺覚エズ相スル御房カナトアリ脱文アラム」
text/k_konjaku/k_konjaku15-22.txt · 最終更新: 2015/10/17 03:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa