Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第18話 如意寺僧増祐往生語 第十八

今昔、播磨の国賀古の郡蜂目の郷に増祐と云ふ僧有けり。幼くして出家して、本国を去て京に入て、如意寺と云ふ所に住して、仏道を修行して、仏を念じ経を読て、更に他の事無し。

而る間、天延四年と云ふ年の正月の比、増祐、身に小瘡の病有て、飲食する事例に似ず。其の時に、傍人の夢に、此の寺の中に、西の方に一の井有り。其の辺に三の車有り。人、此れを見て、問て云く、「此れ何ぞの車ぞ」と。車に付たる人、答て云く、「此の車は増祐聖人を迎へむが為に来れる所の車也」と云ふと見て、夢覚めぬ。

其の後、程を経て、亦夢に、彼の前に夢に見し事、初は井の下に有りしに、此の度は増祐聖人の房の前に有りと見て、夢覚て後、増祐聖人に此の事を告けり。

而る間、其の月の晦日に成て、増祐、弟子を呼て、語て云く、「我れ、既に死なむと為る事、近く来れり。早く葬の具を儲くべし」と。弟子、此れを聞て、驚き怪しむ間に、寺の僧等、此の事を聞て、増祐が房に皆集り来て、智恵有る者は相共に法文の義理を談じて聞かしめ、亦、世間の無常なる事を語て聞かしむ。増祐、此れを聞て、弥よ道心を発す。

而る間、遂に増祐、命終らむと為る時に臨て、弟子の僧有て、其の寺を五六町許去て、一の大なる穴を掘て、増祐が葬の所とす。然れば、増祐、其の所に至て、穴の中に入て、念仏を唱へて失にけり。

此の時に、其の寺の南の方に、人多く音を挙て念仏を唱ふ。寺の人、此れを聞て、驚き怪むで尋ね見るに、念仏を唱ふる人無かりけり。亦、人に問ふに、「然る事無し」と答へけり。然れば、此れ増祐が死ぬる時に当れり。

此れを思ふに、化人の所作と知て、寺の人、皆貴びけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku15-18.txt · 最終更新: 2015/10/13 14:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa