Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第1話 元興寺智光頼光往生語 第一

今昔、元興寺に智光・頼光と云ふ二人の学生有けり。年来、此の二人の人、同じ房に住て修学するに、頼光、漸く老に至るまで懈怠にして学問をも為ず。物云ふ事も無くして、常に寝たりけり。智光は心に智の深くして、懃に学問を好て、止事無き学生と成ぬ。

而る間、頼光、既に死ぬ。其の後、智光、此れを歎て云く、「頼光は此れ多年の親しき友也。而るに、年来、物云ふ事無く、学問為ずして、常に寝たりき。死て後、何なる報をか受たらむ。善悪更に知難し」と。

此如く思歎て、二三月許、「頼光の生れたらむ所を知らむ」と心に祈念するに、智光、夢に頼光の有る所に至ぬ。見れば、其の所の荘厳、微妙にして、浄土に似たり。智光、此れを怪むで、頼光に問て云く、「此れ何なる所ぞ」と。頼光、答て云く、「此れは極楽也。汝が知むと思ふに依て、我れ生所を示す也。早く返り去るべし。此れ、汝が居所に□□1)」。智光の云く、「我れ、専に浄土に生れむと願ふ心有り。何ぞ返るべき」。頼光の云く、「汝ぢ、行業無し。暫くも此に留まるべからず」と。智光云く、「汝は生たりし時、勤る所無かりき。何ぞ此の所に生れたる」と。頼光、答て云く、「知らずや。我れは往生の因縁有るに依て、此の所に生たる也。我れ、昔し、諸の経論を披き見て、極楽に生れむ事を願ひき。此れを深く思ひしに依て、物云ふ事無かりき。四の威儀の中に、只弥陀の相好、浄土の荘厳を観じて、他の思ひ無くして、静かに寝たりし也。年来、其の功積りて、今、此の土に此れる也。汝は法文を学して、其の義理を悟て智恵朗か也と云へども、心散乱して善根微少也。然れば、未だ浄土の業因を殖ゑず」と。智光、此れを聞て、泣き悲むで、問て云く、「然らば、何を以てか決定して往生を得べき」と。頼光の云く、「其の事、我れ答ふるに能はず。然れば、阿弥陀仏に問ひ奉るべし」と云て、即ち智光を引て、共に仏の御前に詣づ。

智光、仏に向ひ奉て、掌を合て礼拝して、仏に白して言さく、「何なる善根を修してか、此の土に生るる事を得べき。願はくは、此れを教へ給へ」と。仏、智光に告て宣はく、「仏の相好、浄土の荘厳を観ずべし」と。智光の申さく、「此の土の荘厳、微妙広博にして、心眼の及ぶ所に非ず。凡夫の心に何か此れを観せむ」と。其の時に、仏、即ち右の手を挙て、掌の中に小さき浄土を現じ給ふと見て、夢覚ぬ。

忽に絵師を呼て、夢に見る所の、仏の掌の中の小浄土の相を写さしめて、一生の間、此れを観じて、智光、亦遂に往生を得たり。

其の後、其の房をば、「極楽房」と名付て、其の写せる絵像を係て、其の前にして、念仏を唱へ講を行ふ事、于今絶えず。心有らば、必ず礼奉るべき絵像也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「所居ノ下一本非ズトノ三字アリ」
text/k_konjaku/k_konjaku15-1.txt · 最終更新: 2015/09/27 15:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa