Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第8話 越中国書生妻死堕立山地獄語 第八

今昔、越中の国に書生有けり。其の男子三人有り。書生、朝暮国府に参て公事を勤めて有り。

而る間、書生が妻、俄に身に病を受て、日来煩て死ぬ。夫并に子共、泣き悲むで、没後を訪ふ。葬家に僧共数(あまた)籠て、七々日の間、思の如く仏事を修す。

而るに、七々日畢て後、思ひ歎き恋ひ悲ぶ事、忘れ草も生やさずもや有けむ、「我が母、何なる所に生を替へたりとも相ひ見ばや」など云ひ合へる程に、其の国に立山と云ふ所有り。極て貴く深き山也。道嶮(さかし)くして、輙く人参難し。其の中に、種々に地獄の出湯有て、現に堪難気なる事共見ゆ。

而る間、書生が子共三人、語ひ合せて云く、「我等、此く母を恋ひ悲むと云へども、其の心息まず。心息まず1)。去来(いざ)、彼の立山に詣て地獄の燃らむを見て、我が母の事をも押し量て思ひ観ぜむ」と云て、皆詣にけり。貴き聖人の僧を具したり。

地獄毎に行て見るに、実に堪難気なる事共限無し。燃え燋(こが)れて有り。其の地獄の有様は、湯の涌き返る焔2)ほ遠くて見るにそら、我が身に懸る心地して、暑く堪難し。何に況や、煮ゆらむ人の苦び、思ひ遣るに哀れに悲くて、僧を以て錫杖供養せさせ、法花経講ぜさせなど為る程、地獄の㷔宜く見ゆ。

此如く地獄十許を廻て見るに、中に極て勝れて堪難気なる地獄に至て、前の如く経を講じ、錫杖振など為る程は、㷔少し宜く成様に見ゆ。其の程に、体は見えず、巌の迫(はざま)に、我が曙け暮れ恋ひ悲む母の音にて、太郎を呼ぶ。此れを聞て、思懸けず奇異(あさまし)く思て、「僻耳ならむ」と思へば、暫く答へず。頻に同音にして呼ぶ。恐れを成し乍ら、「此れは何なる人の呼ぶぞ」と云へば、巌の迫の音、答て云く、「何に此くは云ふぞ。我が母の音、聞知らぬ人や有る。我れ、前生に罪を造り、人に物を与へずして、今、此の地獄に堕て苦を受る事量無し。昼夜に息む時無し」と。子共、此れを聞て、奇異に思ふ。夢なむどに示すは常の事也。現に此く告る事を世に聞こえぬ事也と云へども、正しく母の音にて有れば、疑ふべきに非ず。

然れば、子共の云く、「何なる善根を修してか、此の苦をば遁れ給ふべき」と。巌の迫の音の云く、「罪み深くして、輙く此の苦を免難し。広大の善根に於ては、汝等、身貧して力堪へずして、修せむに能はじ。然れば、多の劫を経と云ふとも、此の地獄を離るる事有らじ」と。子共の云く、「而るにても、何許の善を修してか遁れ給ふべき」と。巌の迫の音の云く、「一日に法花経千部を書写供養したらむのみぞ、此の苦を遁るべき」と云ふに、子共の思はく、「一日に法花経一部を書写供養するそら、堪へ有る人の事也。何に況や、十部にも非ず、百部にも非ず、千部までは思懸くべき事にも非ず。然れども、現に母の苦を受けむを見て、家に返て、安らかに有らむ事かは。只、我れも地獄に入て、母の苦に代らむ」と云ふに、亦人有て云く、「祖の苦に子の代て罪を蒙る事は、此の世の事にこそ有れ。冥途には各業に依て罪を受くれば、代らむと思ふと云とも、其の事能はじ。只家に返て、力の堪むに随て、一部も法花経を書写供養し奉らば、少しにても苦は怠りなむ」と云ふ。

泣々く家に返て、此の事を父の書生に語る。書生、此れを聞て云く、「実にも、哀れに悲き事にこそ有なれども、法花経千部までは力及ばず。只、志しの至る程、力の堪むに随て書くべき也」と云て、先づ三百部許を思ひ企つ。 

而る間、国の司□□□□と云ふ人に、人有て此の事を語る。国の司、此れを聞て、道心有る人にて、其の書生を召て、面(まのあたり)に問ふに、書生、委く申す。国の司、此れを聞き慈(あはれび)の心を発して、「我れ其の事同じ心に思ひ立む」と云て、隣の国々、能登・加賀・越前などに、縁々に触れて勧む。国司、心を合て営む間、遂に千部の法花経を書写して、一日の法会を儲て供養しつ。

其の後、子共の心息まりて、「我が母は地獄の苦免かれたらむ」と思ふ程、其の後、太郎が夢に、母は微妙の衣服を着て来て、告て云く、「我れ此の功徳に依て、地獄を離れて忉利天に生ぬ」と云て、空に昇ぬと見て、夢め覚ぬ。

其の後、此の夢の告を普く人に語て、喜び貴びけり。後に、子共、立山に行て、前の如く地獄を廻り見るに、其の度は巌の迫の音無かりけり。其の立山の地獄、于今有なり。

此の事、□□3)比、比叡の山に年八十許なる老僧の有けるが、「若かりし時、越後の国に下だりしに、我れも其の時に越中の国に超て、其の経は書(かき)き」と語ける也。此の比まで、六十余年に成たる事なるべし。

実に此れ希有の事也。地獄に堕て、夢の告に非して、現に言を以て告る事、未だ聞及ばざる事也となむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「心不息ズノ四字衍文ナラン」
2)
底本異体字「㷔」
3)
底本頭注「此ノ上一本其ノノ二字アリ」
text/k_konjaku/k_konjaku14-8.txt · 最終更新: 2015/09/03 23:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa