Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第5話 為救野干死写法花人語 第五

今昔、年若くして形美麗なる男有けり。誰人と知らず。侍の程の者なるべし。

其の男、何れの所より来けるにか有けむ、二条朱雀を行くに、朱雀門の前を渡る間、年十七八歳許有る女の、形端正にして姿美麗なる、微妙の衣を重ね着たる、大路に立てり。此の男、此の女を見て、過ぎ難く思て、寄て近付き触ればふ。門の内に人離れたる所に女を呼び寄せて、二人居て万づに語ひ云ふ。

男、女に云く、「然るべくて、此如く来り会へり。同じ心に思ふべき也。君、我が云はむ事に随へ。此れ懃に思ふ事也」と。女の云く、「此れ辞ぶべき事に非ず。云はむ事に随ふべしと云へども、我れ、若し君の云はむ事に随ひてば、命を失はむ事疑ひ無き也」と。男、何事を云ふとも心得ずして、「只辞ぶる言也」と思て、強に此の女と懐抱せむとす。女、泣々く云く、「君は世の中に有て、家に妻子を具せるらむに、只行きずりの事にてこど有れ。我れは君に代て、戯れに永く命を失はむ事の悲き也」。此如く諍ふと云へども、女、遂に男の云ふに随ぬ。

而る間、日暮れて夜に入ぬれば、其の辺近き小屋を借て、将行て宿ぬ。既に交臥して、終夜ら行く末までの契を成して、夜曙ぬれば、女、返り行くとて、男に云く、「我れ、君に代て命を失はむ事疑ひ無し。然れば、我が為に法花経を書写供養して、後世を訪へ」と。男の云く、「男女の交通する事、世の常の習ひ也。必ず死ぬる事有らむや。然れども、若し死なば、必ず法花経を書写供養し奉らむ」と。女の云く、「君、我が死なむ事、実否を見むと思はば、明朝(つとめて)に武徳殿の辺に行て見るべし。但し注(しるし)にせむが為に」と云て、男の持たる扇を取て、泣々く別れて去ぬ。男、此れを実とも信ぜずして、家に返ぬ。

明る日、「女の云し事、若し実にや有らむ。行て見(みん)」と思て、武徳殿に行て廻り見る時に、髪白き老たる嫗出て、男に向て泣く事限無し。男、嫗に問て云く、「誰人の何事に依て此くは泣ぞ」と。嫗答て云く、「我れは夜前(ようべ)朱雀門の辺にして見給ひけむ人の母也。其の人は、早う失給ひにき。其の事告奉らむとて、此に侍りつる也。其の死人は、彼(かしこ)に臥し給へり」と、指を差して教へて、掻消つ様に失ぬ。男、「怪し」と思て寄て見れば、殿の内に、一の若き狐、扇を面に覆て死て臥せり。其の扇、我が夜前の扇也。此れを見るに、「然れば、夜前の女は此の狐にこそ有けれ。我れは然は通じにけり」と、其の時にぞ始めて思ふに、哀れに奇異にて家に返ぬ。

其の日より始めて、七日毎に、法花経一部を供養し奉て、彼れが後世を訪ふ。未だ七々日に満たらざる程に、男の夢に、彼の有し女に値ぬ。其の女を見れば、天女と云ふらむ人の如く身を荘(かざり)たり。亦、同様に荘れる百千の女有て囲繞せり。此の女、男に告て云く、「我れ、君が法花経を供養して、我を救ひ給ふに依て、劫々の罪を滅して、今、忉利天に生れぬ。此の恩量り無し。世々を経と云ども忘れ難し」と云て、空に昇ぬ。其の程、空に微妙の楽の音有りと見て、夢め覚ぬ。男、「哀れに貴し」と思て、弥よ信を発して法花経を供養し奉りけり。

男の心有難し。譬ひ女の遺言有りと云ふとも、懃に約を違へずして、後世を訪はむや。其れも前世の善知識にこそは有らめ。

男の語るを聞き継て、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-5.txt · 最終更新: 2015/08/31 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa