Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第37話 令誦方広経知父成牛語 第卅七

今昔、大和国添上の郡山村の里に住ける人有けり。

十二月に「方広経を転読せしめて、前の世の罪を懺悔せむ」と思て、僧を請ぜむが為に使を遣る。使、問て云く、「何れの寺の僧を請ずべき」と。主の云く、「其の寺と撰ばず。只、値はむに随て請ずべし」と。使、主の云ふに随て出でて行くに、道に一人の僧値へり。其れを請じて家に将行き、家主、心を至して供養す。

其の夜、僧、其の家に宿ぬ。家主、衾を持来て僧に覆ふ。僧、此の衾を見て、極て用に思て、心の内に思ふ様、「明日、定めて布施を得しめむとす。其れを得ずして、只此の衾を盗て、今夜ひ逃なむ」と思て、夜半に人の無き隙を量て、衾を取て出づる程に、音有て云く、「其の衾、盗む事無かれ」と。僧、此れを聞て、大きに驚て、「窃に出ると思ひつるに、人の見けるを知らずして、誰が云ひつる事ぞ」と思て、立留て、音の有つる方を伺ひ見るに、人見えず。只一の牛有り。僧、此の音に恐れて、返り留りぬ。

倩ら思ふに、牛の云ふべきに非ねば、怪び乍ら寝ぬ。其の夜の夢に、僧、牛の辺に寄たるに、牛の云く、「我れは此れ、此の家主の父也。前世に人に与へむが為に、告げずして、子の稲を十束取れりき。今、其の罪に寄て、牛の身を受て、其の業を償(あご)ふ也。汝は此れ出家の人也。何ぞ輙く衾を盗て出る。若し其の虚実を知らむと思はば、我が為に座を儲けよ。我れ、其の座に登らば、即ち父と知るべし」と云ふと見て、夢覚ぬ。

僧、恥ぢ思て、明る朝に、人を去(のけ)て家主を呼て、夢の告を語る。家主、悲て牛の辺に寄て、藁の座を敷て云く、「牛、実の我が父に在さば、此の座に登り給へ」と。牛、即ち膝を屈て、藁の座に登り座しぬ。家主、此れを見て、音を挙て泣き悲て云く、「牛、実の我が父に在しけり。速に前の世の罪を免し奉る。亦、年来知らずして仕ひ奉つる罪を免し給へ」と。牛、此れを聞き畢て、其の日の申の時に至て、涙を流して死ぬ。

其の後、家主、泣々く夜前(ようべ)覆へる所の衾、及び余の財物を僧に与ふ。亦、其の父の為に□□修しけり。僧、「衾を盗て去ましかば、此の世にも、後の世にも悪しかりなまし」とぞ、心の内に思ひける。

僧の語るを聞き継て、此くなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-37.txt · 最終更新: 2015/09/19 13:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa