Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第3話 紀伊国道成寺僧写法花救蛇語 第三

今昔、熊野に参る二人の僧有けり。一人は年老たり。一人は年若くして、形貌美麗也。牟婁の郡に至て、人の屋を借て、二人共に宿ぬ。

其の家の主、寡にして若き女也。女、従者二三人許有り。此の家主の女、宿たる若き僧の美麗なるを見て、深く愛欲の心を発して、懃に労り養ふ。

而るに、夜に入て、僧共既に寝ぬる時に、夜半許りに、家主の女、窃に此の若き僧の寝たる所に這ひ至て、衣を打覆て並び寝て、僧を驚かす。僧、驚き覚て恐れ迷ふ。女の云く、「我が家には更に人をば宿さず。而るに、今夜君を宿す事は、昼君を見始つる時より、『夫にせむ』と思ふ心深し。然れば、『君を宿して本意を遂げむ』と思ふに依て、近づき来る也。我れ夫無くして寡也。君、哀れと思ふべき也」と。僧、此れを聞て、大きに驚き恐れて、起居て、女に答て云く、「我れ宿願有るに依て、日来心身精進にして、遥の道を出立て、権現の宝前に参るに、忽に此にして願を破らむ、互に恐れ有るべし。然れば、速に、君、此の心を止むべし」と云て、強に辞ぶ。女、大きに恨て、終夜(よもすがら)僧を抱て擾乱し戯ると云へども、僧、様々の言を以て、女を誘(こしら)へて云く、「我れ、君の宣ふ事、辞ぶるには非ず。然れば、今、熊野に参て、両三日に御明御幣を奉て、還向(げかう)の次に、君の宣はむ事に随はむ」と約束を成しつ。女、約束を憑て、本の所に返ぬ。夜曙ぬれば、僧、其の家を立て、熊野に参ぬ。

其の後、女は、約束の日を計(かぞ)へて、更に他の心無くして、僧を恋て諸の備へて儲て待つに、僧、還向の次に彼の女を恐れて寄らで、忍て他の道より逃て過ぬ。女、僧の遅く来るを待ち煩ひて、道の辺に出て、往還の人に尋ね問ふに、熊野より出づる僧有り。女、其の僧に問て云く、「其の色の衣着たる、若く老たる二人の僧は、還向やしつる」と。僧の云く、「其の二人の僧は、早く還向して、両三日に成ぬ」と。女、此の事を聞て、手を打て、「既に他の道より逃て過にけり」と思ふに、大に嗔て、家に返て寝屋に籠り居ぬ。音せずして、暫く有て、即ち死ぬ。

家の従女等、此れを見て、泣き悲む程に、五尋許の毒蛇、忽に寝屋より出ぬ。家を出て道に趣く。熊野より還向の道の如く走り行く。人、此れを見て、大きに恐れを成ぬ。彼の二人の僧、前立て行くと云へども、自然ら人有て告て云く、「此の後ろに奇異の事有り。五尋許の大蛇出来て、野山を過ぎ、疾く走り来る」と。二人の僧、此れを聞て思はく、「定めて、此の家主の女の、約束を違ぬるに依て、悪心を発して、毒蛇と成て追て来るならむ」と思て、疾く走り逃て、道成寺と云ふ寺に逃入ぬ。

寺の僧共、此の僧共を見て云く、「何に事に依て走り来れるぞ」と。僧、此の由を具に語て、助くべき由を云ふ。寺の僧共、集て此の事を議して、鐘を取下して、此の若き僧を鐘の中に籠め居へて、寺の門を閉つ。老たる僧は、寺の僧に具して隠れぬ。

暫く有て、大蛇、此の寺に追来て、門を閉たりと云へども、超て入て、堂を廻る事一両度して、此の僧を籠めたる鐘の戸の許に至て、尾を以て扉を叩く事百度許也。遂に、扉を叩き破て、蛇入ぬ。鐘を巻て、尾を以て、竜頭を叩く事、二時三時許也。寺の僧共、此れを恐ると云へども、怪むで四面の戸を開て集て此れを見るに、毒蛇、両の眼より血の涙を流して、頸を持上て、舌嘗づりをして、本の方に走り去ぬ。

寺の僧共、此れを見るに、大鐘、蛇の毒熱の気に焼かれて、炎盛也。敢て近付くべからず。然れば、水を懸て鐘を冷して、鐘を取去て僧を見れば、僧、皆焼失て、骸骨尚し残らず。纔に灰許り有り。老僧、此れを見て、泣き悲むで返ぬ。

其の後、其の寺の上臈たる老僧の夢に、前の蛇よりも大きに増(まさ)れる大蛇、直に来て、此の老僧に向て申して云く、「我れは、此れ鐘の中に籠め置れし僧也。悪女、毒蛇と成て、遂に其の毒蛇の為に領ぜられて、我れ、其の夫と成れり。弊(つたな)く穢き身を受て、苦を受る事量無し。今、此の苦を抜かむと思ふに、我が力更に及ばず。生たりし時に、法花経を持(たもち)きと云へども、願くは聖人の広大の恩徳を蒙て、此の苦を離れむと思ふ。殊に、無縁の大慈悲の心を発して、清浄にして、法花経の如来寿量品を書写して、我等二の蛇の為に供養して、此の苦を抜き給へ。法花の力に非ずば、何(いかで)か免るる事を得む」と云て、返去ぬと見て、夢覚ぬ。

其の後、老僧、此の事を思ふに、忽に道心を発して、自ら如来寿量品を書写して、衣鉢を投て、諸の僧を請じて、一日の法会を修して、二の蛇の苦を抜かむが為に、供養し奉つ。

其の後、老僧の夢に、一の僧、一の女有り。皆咲を含て喜たる気色にて、道成寺に来て、老僧を礼拝して云く、「君の清浄の善根を修し給へるに依て、我等二人、忽ちに蛇身を棄てて善所に趣き、女は忉利天に生れ、僧は都率天に昇ぬ」と。此如く告畢て、各別れて空に昇ぬと見て、夢覚ぬ。其の後、老僧、喜び悲むで、法花の威力を弥よ貴ぶ事限無し。

実に法花経の霊験掲焉なる事、不可思議也。新たに蛇身を棄てて天上に生るる事、偏に法花の力也。此れを見聞く人、皆法花経を仰ぎ信じて、書写し読誦しけり。亦、老僧の心有難し。其れも、前生の善知識の至す所にこそ有らめ。

此れを思ふに、彼の悪女の僧に愛欲を発せるも、皆前生の契にこそは有らめ。然れば、女人の悪心の猛き事、既に此如し。此れに依て、女に近く付く事を、仏、強に誡め給ふ。此れを知て止むべき也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-3.txt · 最終更新: 2015/08/23 23:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa