Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第2話 信濃守為蛇鼠写法花救苦語 第二

今昔、□□天皇の御代に、信濃守□□の□□と云ふ人有けり。

任国に下り畢る事有り。大なる蛇有て、此の御上道の御供に付て来る。留り給所有れば、蛇も留て、薮の中に有り。昼は、前後に随て副て来る。夜は、御衣櫃(ころもびつ)の下に蟠り居ぬ。「此れ極て怪き事也。此れを殺てむ」と云へば、守の云く、「更に殺すべからず。此れ、定て様有る事ならむ」と云て、心の内に念じ祈る様、「此の蛇の追来る事は、国の内の神祇に在ますか。亦は、悪霊の祟を成して追て来れるか。我れ、更に此の事を知らず。譬ひ、我れ誤つ事有りと云ふとも、凡夫此れを知難し。速に夢の中に示し給へ」と念じて、寝たる夜、守の夢に斑なる水旱袴着たる男来て、守の前に跪て、申して云く、「我が年来の怨敵の男、既に御衣櫃の中に籠居たり。彼の男を害せむが為に、日来副ひ奉て来れり。若し、彼の男を得てば、此より罷返すべし」と云と見て、夢覚ぬ。

夜曙て、守、此の夢を共の者共に語て、忽に衣櫃を開て見るに、底に老鼠一有り。極て恐れたる気色にして、人を見ると云へども逃げずして、衣櫃の底に曲(かがま)り居り。共の者共、此れを見て云く、「此の鼠を速に放ち棄てむ」と。守、この蛇・鼠、宿世の怨敵也けりと知りて、忽に慈(あはれ)びの心深くして、「若し此の鼠を棄てば、蛇の為に必ず呑まれなむとす。然れば、只善根を修して、蛇・鼠を共に救はむ」と思て、其の所に留て、彼等が為に、一日の内に法花経一部を書写供養し奉らむとす。共の多の人、手毎に書く間に、一日の内に皆書き出し奉つれば、即ち具せる所の僧を以て、専に彼等が為に、法の如くに供養し奉りつ。

其の夜、守の夢に二人の男有り。皆形貌直(うるはし)くして、咲を含て、微妙の服を着て、守の前に出来て、敬ひ畏りて、守に申して云く、「我等、宿世に怨敵の心を結て、互に殺害し来れり。然れば、『今度殺害せむ』と思て、追て来る間、君、慈心を以て、我等を救が為めに、一日の内に法花経を書写供養し給へり。此の善根の力に依て、我等、畜生の報を棄てて、今忉利天上に生まるべし。此の広大の恩徳、生々世々にも報じ尽すべからず」と云て、二人共に空に昇ぬ。其の間、微妙の音楽の音、空に満てりと見て、夢覚ぬ。

夜曙て後、見るに、彼の蛇死たり。亦、衣櫃の底を見るに、鼠も死たり。此れを見る人、皆貴び悲む事限無し。

実に守の心有難し。其れも、生々世々の善知識にこそは有らめ。亦、法花経の威力、不可思議也。

守の京に上て語るを、聞き継ぎて、此如く語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-2.txt · 最終更新: 2015/08/23 15:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa