Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第19話 備前国盲人知前世持法花語 第十九

今昔、備前の国に有ける人、年し十二歳にして二の目盲ぬ。父母、此れを歎き悲むで、仏神に祈請すと云へども、其の験無し。薬を以て療治すと云へども叶はず。

然れば、比叡の山の根本中堂に将参て、盲人を籠めて、心を至して此の事を祈請す。二七日を過て、盲人の夢に気高き気色の人来て、告て云く、「汝ぢ、宿因に依て、此の盲目の身を得たり。此の生には眼を得べからず。汝ぢ、前生に毒蛇の身を受て、信濃の国の桑田寺の戌亥の角の榎の木の中に有りき。而るに、其の寺に法華の持者住して、昼夜に法花経を読誦しき。蛇、常に此の持者の誦する法花経を聞奉りき。蛇、罪深くして、食無りしに依て、夜毎に其の堂に入て、仏前の灯明の油を舐り失ひき。法花経を聞しに依て、蛇道を棄てて、今人身を受て仏に値奉れりと云へども、灯油を食し失へりしに依て、両目盲たり。此の故に、今生に眼を開くべからず。汝ぢ、只速に法花経を受持(たもち)て罪業を免れよ」と宣ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、心に前生の悪業を悔ひ恥て、本国に返て、夢の告を信じて、初て法花経を受け習奉るに、月来を経て自然ら習得つ。其の後は、盲目也と云へども、年来心を至して法花経を昼夜に読誦す。

而るに、其の験(しるし)掲焉にして、邪気の病に悩む人有ければ、此の盲人を以て祈らしむるに、必ず其の験し有けり。

遂に最後に至までも、終り貴くて失にけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-19.txt · 最終更新: 2015/09/08 02:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa