Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第16話 元興寺僧蓮尊持法花経知前世報語 第十六

今昔、美作の国に蓮尊と云ふ僧有けり。本は元興寺の僧也。而るに、本寺を去て、生国に下て住す。

幼くして師に随て法花経を受け習て、日夜に読誦するに、「暗(そら)に思えて誦せむ」と思ふ志有て、年来誦するに、既に廿七品を思えぬ。而るに、普門品を思えず。此れに依て、心を尽して普門品の一々の句を数万返誦して思えむと為れども、更に思えず。

然れども、一夏九旬の間、普賢の御前にして、難行苦行して此の事を祈請ふ。一夏既に過ぬる間に、蓮尊、夢に天童来て、蓮尊に告て云く、「我は此れ普賢菩薩の御使也。汝が宿業の因縁を知らしめむが為に来れる也。汝ぢ、前世に狗の身を有りき。母、汝と共に人の家の板敷の下に有りき。法花の持者、其の板敷の上に有て、法花経を読誦す。初め序品より、終り妙荘厳王品に至るまで、廿七品を誦するを、狗聞きき。普賢品に至て、汝ぢ、母の起て去しに随て、汝も共に去にき。然れば、普賢品を聞かざりき。汝ぢ、前世に法花経を聞奉りしに依て、狗の身を転じて、今人の身と生れて、僧と成て法花経を読誦す。但し、普賢品を聞かざりしに依て、其の品を暗に思えずと云へども、懃に今普賢を念じ奉るに依て、暗に思む事を必ず得しむ。専に法花を持(たもち)て、来世に諸仏に値遇し奉て、此の経を悟る事を得べし」と云て、天童失ぬと見て、夢覚ぬ。

其の後、蓮尊、宿因を知て、忽に普賢品を暗に思ゆる事を得つ。然れば、喜ぶ事限無し。此れに依て、弥よ信を発して、泣々く礼拝して、誦する事怠らざりけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-16.txt · 最終更新: 2015/09/06 23:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa