Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第13話 入道覚念持法花知前生語 第十三

今昔、入道覚念は明快律師の兄也。道心を発して出家して後、戒を持(たもち)て法花経を受け習て、訓にぞ読誦しける。

而るに、経の中に三行の文、更に読まれず。其の所に至る毎に、其の三行の文を忘る。覚念、此れを歎き悲むで、三宝に祈り申て、此の三行の文誦せむ事を願ふに、覚念、夢に気高く貴き老僧来て、覚念に告て云く、「汝ぢ、宿因に依て、此の三行の文を読誦せざる也。汝ぢ、前生に衣魚(しみ)の身を受て、法花経の中に巻籠められて、此の三行の文を噉(は)み失ひたりき。経の中に有りしに依て、今人の身を生れて、出家入道して、法花経を読誦す。経の三行の文を噉失なひたりしに依て、其の三行の文を読誦せざる也。然りと云へども、汝ぢ、今懃に懺悔するが故に、我れ力を加へて読ましむべし」と宣ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、彼の三行の文を誦する事を得たり。此れ、前生の罪業を懺悔して読誦する所也。一生の間、日毎に三部を読誦して闕く事無し。永く現世の名聞利養を棄てて、偏に後世の無上菩提を願ひけり。

法花経の威力に依て、前生の報を知て、弥よ心を至して読誦しけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-13.txt · 最終更新: 2015/09/05 11:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa