Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻14第10話 陸奥国壬生良門棄悪趣善写法花語 第十

今昔、壬生の良門と云ふ武き者有けり。弓箭を以て朝暮の翫として、人を罸(つみ)し畜生を殺すを以て業とす。夏は河に行て魚を捕り、秋は山に交はりて鹿を狩る。

此如くして、時に随て罪を造て年来を経る間、其の国に聖人有けり。名をば空照と云ふ。智恵朗にして道心盛也。此の人、良門が邪見にして罪業をのみ造て、三宝を知らざる事を見て、慈(あはれ)び悲びて、事の縁を尋て、此の事を教へむ為に、空照聖人、良門が家に行ぬ。

良門、聖人に会て、来れる故を問ふ。聖人の云く、「至難くして出易きは、人の道也。入易くして出難きは、三途也。亦、適ま人の身を受くと云へども、仏法には値難し。罪を造れる者、必ず悪道に堕つ。此れ皆仏の説給ふ所也。然れば、君み、尚殺生放逸を棄てて、慈悲忍辱に趣き給へ。速に財を投て、功徳を営め。財は永く我が身に副ふ物に非ず」と。

良門、此れを聞て、宿業の催す所にや有けむ、忽に道心を発して、悪心を棄てて、善心に趣ぬ。弓箭を焼き失ひ、殺生の具を切り砕て、永く殺生を禁断して、仏法を信仰す。此れに依て、忽に金泥の法花経を書写し、黄金の仏像を造立して、心を至して供養す。亦、道心弥よ盛にして、願を発して云く、「我れ、今生に金泥の法花経千部を書奉らむ」と誓て、年来の貯を棄てて金を買ひ求て、十余年の間に金泥の法花経千部を書写し畢て、供養しつ。

其の供養の庭に、奇異の瑞相有けり。或は白き蓮花降り、或は音楽の音堂の内に聞ゆ。或は端正の童子、花を捧て来る。或は見知らぬ鳥来て鳴く。亦、夢の中に天人下て、掌を合て礼敬す。此如く奇異の有けり。

良門、遂に最後の時に臨て、沐浴精進して、傍の人に告て云く、「多の天女楽を調へて空より降る。我れ、彼の天女に具して、兜率天に昇らむとす」と云て、端坐して掌を合せて失にけり。定めて兜率に生れたる人也。

然れば、悪人也と云へども、智者の勧めに依て、心を改めて道を得る事、既に此如し。此れ偏に法花経の威力也とぞ、聞く人貴びけるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku14-10.txt · 最終更新: 2015/09/04 18:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa