Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第39話 出雲国花厳法花二人持経者語 第卅九

今昔、出雲の国に二人の聖有けり。一人は花厳経を持(たも)ち奉る。名をば法厳と云ふ。一人は法花経を持ち奉る。名をば蓮蔵と云ふ。此の二人の聖人、共に本大安寺の僧也。各(おのお)の事の縁有るに依て、本寺を去て、此の国に来り住す。皆、心直くして身清し。

而るに、法厳聖人は花厳を誦する事、既に廿年に成るに、常に日の食の心に叶はざる事を歎く。其の時に、護法の善神、人の形に成て来て、聖人に告て宣はく、「我れ、汝ぢが為に檀那と成て、日毎に供を膳(そな)へむ。然れば、此より後、日の食を歎く事無くして、専に大乗を修行せよ」と。聖人、此れを聞て喜て、日毎に此の供を受て、歎く事無くして日来を経る間、法厳聖人、善神に申さく、「明日の朝には二人の供料を持来り給へ。我れ、法花の持者を請じて食はしめむ」と。善神、聖人の言に随て、明日の朝に二前の膳へを供せむとす。

而る間、法厳聖人、蓮蔵聖人を請ず。蓮蔵即ち来れり。食を持来らむを待つ間に、更に見えずして、時既に過て日暮にければ、蓮蔵聖人返ぬ。其の時に、善神、食を持て来て、法厳聖人に語て云く、「昨日の聖人の言に依て、早く食を持来らむと為る間に、法花守護の聖衆、梵天・帝釈・四大天王、持者を囲繞して四方に充満せり。然れば、其の側に寄り難し。何に況や、其の道を得むや。此れに依て、我れ、朝より今に至るまで、供養を捧げ乍ら来たらざる也。彼の法花の聖人、返り去るに、護法の聖衆も同じく共に去り給ぬれば、其の時に持来れる也」と。

法厳聖人、此れを聞て、「希有也」と貴び敬て、自ら供具を捧て蓮蔵聖人の許に行て、供養して礼拝しけり。

其の後、法厳、法花の功徳殊勝なる事を知て、更に法花経を副へて持し誦して、蓮蔵聖人を帰依しけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-39.txt · 最終更新: 2015/08/17 21:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa