Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第30話 比叡山僧広清髑髏誦法花語 第三十

今昔、比叡の山の東塔に、千手院と云ふ所有り。広清と云ふ僧住す。幼にして山に登て、師に随て出家して、法花経を受け習て、其の義理を悟て、常に読誦す。亦、道心有て、常に後世を恐るる心有り。事の縁に引かれて、世路に廻ると云へども、只隠居を好む心のみ有り。日夜に法花経を誦して、「願くは、此の善根を以て菩提に回向す」と。

而る間、中堂に参て、終夜法花経を誦して、後世の事を祈請する間に寝入ぬ。夢に八の菩薩を見る。皆、黄金の姿也。瓔珞荘厳を見るに、心の及ぶ所に非ず。広清、此れを見て、恐れ貴むで礼拝せむと為るに、一の菩薩在まして、微妙の音を以て、広清に告て宣はく、「汝、法花経を持(たもち)て、此の善根を以て、生死を離れて菩薩に至らむと願ふ。疑ひを成す事無くして、弥よ退かずして、法花経を持つべし。然らば、我等八人来て、汝を極楽世界に送るべし」と宣て後、忽ちに見え給はず見て、夢覚ぬ。

其の後、泣々く喜び貴むで礼拝す。弥よ心を至して法花経を読誦する事、更に懈怠無し。而る間、常に此の夢の告を心に懸て、忘るる事無く後世を憑む。

其の後、事の縁に依て、京に下て、一条の北の辺に有る堂に宿しぬ。日来を経る間に、其の所にして身に病を受て悩み煩ふ間、弥よ心を至して法花経を読誦して、彼の夢の告を信ず。

而るに、遂に病愈る事無くして死ぬ。弟子有て、近き辺に棄置きつ。「其の人の墓所に、夜毎に法花経を誦する音有り。必ず一部を誦し通す」と、弟子、人の告に依て、其の髑髏を取て、山の中に清き所を撰て置つ。其の山の中にても、尚法花経を誦する音有り。此れ希有の事也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-30.txt · 最終更新: 2015/08/13 19:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa