Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第26話 筑前国女誦法花開盲語 第廿六

今昔、筑前の国に府官有り。其の妻の女、両の目盲て明かに見る事を得ず。然れば、女、常に涙を流して歎き悲む事限無し。誠の心を発して思はく、「我れ、宿世の報に依て、二の目盲たり。今生は此れ人に非ぬ身也。如かじ、只後世の事を営むで、偏に法花経を読誦せむ」と思て、法花経を年来持(たも)てる一人の□を語ひて、法花経を受け習ふ。其の後、日夜に読誦する事、四五年を経たり。

而る間、此の盲女の夢に、一人の貴き僧来て、告て云く、「汝ぢ、宿報に依て、二の目既に盲たりと云へども、今心を発して法花経を読誦するが故に、両眼忽に開く事を得べし」と云て、手を以て両目を撫づと見て、夢覚めぬ。

其の後、両目開て、物を見る事明かにして、本の如く也。女人、涙を流して泣き悲むで、法花経の霊験新なる事を知て、礼拝恭敬す。亦、夫・子息・眷属、此れを喜ばずと云ふ事無し。亦、国の内の近く遠き人、皆此の事を聞て、貴ぶ事限無し。

女人、弥よ信を発して、昼夜寤寐に法花経を読誦する事理也。亦、書写し奉ても、供養恭敬し奉りけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-26.txt · 最終更新: 2015/08/13 00:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa