Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第25話 周防国基灯聖人誦法花経語 第廿五

今昔、周防の国大島の郡に、基灯と云ふ聖人有けり。若くして法花経を受け習て、日夜に読誦して、身命を惜しまず、日毎に卅余部を誦する事懈怠無し。

年百四十余にして腰曲がらず、起居軽く、形貌極て若くして、僅に四十許の人の如し。眼こ明にして、遠き物を見るに障り無し。耳利くして、遥の音を聞くに滞り無し。然れば、世の人、此の聖人を、「六根清浄を得たる聖人也」と云ける。

亦、哀の心深くして、智(さと)り弘し。草木に付ても此れを敬ひ、何に況や、生類を見ては仏の如くに礼拝す。老に臨むと云へども、見に病無くして、只偏に生死の無常を厭ひ悲むで、法花経を読誦して、浄土に生れむ事を願ふ。

此れを思ふに、現世に命長くして身に病無し。此れ、偏に法花経を読誦せる威力の致す所也。然れば、後世、亦浄土に生む事疑ひ無しとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-25.txt · 最終更新: 2015/08/12 19:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa