Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第24話 一宿聖人行空誦法花語 第廿四

今昔、世に一宿の聖人と云ふ僧有けり。名をば行空と云ふ。若より法花経を受け習て、昼る六部、夜る六部、日夜に十二部を誦する事を闕かず。

出家の後、住所を定めずして、一所に二宿する事無し。況や、庵を造る事無し。此れに依て、一宿の聖人とは云ふ也けり。

亦、三衣一鉢をそら具へず。況や、其の外の物を貯る事有むや。只身に随へる物は法花経一部也。五畿七道に行至らざる所無く、六十余国に見ざる国無し。

此如く修行する間、若し道に迷ふ事有れば、知らぬ童、自然ら出来て道を教ふ。若し水無き所有れば、知らぬ女、自然ら出来て水を与ふ。若し食に餓る時有れば、自然ら飯を持来る人有り。

亦、法花の力に依て、夢に貴く気高き僧出来て常に語ひ、亦、止事無き俗出来て身に副ふと見けり。此如くの奇特の事多し。

漸く老に臨む尅に鎮西に有り。遂に年九十に及て、法花経を誦する事卅余万部也。命終る時に臨て、聖人、「此に普賢・文殊現はれ給へり」と云て、貴くてなむ失にける。此如くなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-24.txt · 最終更新: 2015/08/12 19:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa