Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第23話 仏蓮聖人誦法花順護法語 第廿三

今昔、仏蓮と云ふ聖人有けり。本安祥寺の僧也。幼の時より法花経を受け習て、昼夜に読誦して仏道を修行す。盛の年の程に、越後の国古志の郡国上山に移り住して、法花を読誦して、偏に後世菩提を祈り願ふ。

而るに、此の人、日毎に三時に必ず湯を浴む。此れ常の事也。然れば、仕はるる下僧等、此の事を侘て皆去ぬ。

其の時に、自然ら二人の童出来れり。其の形、皆美也。聖人に申して云く、「我等二人有て、聖人に随て奉仕せむと思ふ」と。聖人の云く、「汝等、何れの所より此れるぞ。何の故有て、奉仕せむと思ふぞ。亦、名は何に」と。童の云く、「我等、師の懃(ねんごろ)に法花経を誦するを貴びて奉仕せむと思ふ也。名は、一人をば黒歯と云ひ、一人をば花歯と云ふ」と。聖人、此れを聞て、「此れ、皆十羅刹の御名也。若し十羅刹の身を変じて来り給へるにか」と疑ふと云へども、只彼等が為るに任せて仕ふに、二人の童、力強く心疾くして、薪を拾て湯を沸して、日毎に三度聖人に浴す。亦、常に菓(このみ)を拾て、聖人に奉る。此如く里に出で山に入り、聖人に奉仕する事隙無し。然れば、聖人、世を知らずして、少も嗔る心無くして、只法花経を読誦す。

然る間、聖人、年漸く傾て、入滅の尅に至るに、此の二人の童、離れずして昼夜に奉仕す。遂に、聖人、失ぬれば、此の童部、泣き悲て聖人を葬しつ。其の後、七々日に至まで、滅後の事を営て、四十九日畢て、二人乍ら掻消つ様に失けり。

其の後、其の二人の童を尋ぬるに、遂に誰と知らで止ぬ。「護法の奉仕し給ひける也」となむ人疑ける。此如くなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-23.txt · 最終更新: 2015/08/12 19:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa