Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第22話 筑前国僧蓮照身令食諸虫語 第廿二

今昔、筑前の国に蓮照と云ふ僧有けり。若より法花経を受け習て、昼夜に読誦して、他の思ひ無し。亦、道心深くして、人を哀ぶ心弘し。裸なる人を見ては、我が衣を脱て与へて、寒き事を歎かず。餓たる人を見ては、我が食を去て施して、食を求る事を願はず。

亦、諸の虫を哀て、多くの蚤・虱を集めて、我が身に付て飼ふ。亦、蚊・虻を掃はず。蠆蛭の食付を厭はずして、身の宍を食はしむ。

而るに、蓮照聖人、態と虻・蠆多かる山に入て、我が血肉を施さむと為るに、裸にして動かずして、独り山の中に臥たり。即ち、虻・蠆多く集り来て、身に付く事限無し。身を喰む間、痛み堪難しと云へども、此れを厭ふ心無し。

而る間、身に虻の子多く生入れつ。山より出でて後、其の跡大きに腫て、痛み悩む事限無し。人有て、教へて云く、「此れを早く療治すべし。亦、其の所を灸すべし。亦は、薬を塗らば、虻の子死て即ち𡀍1)なむ」と。聖人の云く、「更に治すべからず。此れを治せば、多の虻の子死ぬべし。然れば、只此の病を以て死なむに苦ぶ所に非ず。死ぬる事、遂に遁れぬ道也。何ぞ虻の子を殺さむ」と云て、治せずして、痛き事を忍て、偏に法花経を誦するに、聖人の夢に、貴く気高き僧来て、聖人を讃て云く、「貴哉。聖人、慈悲の心弘くして、有情を哀むで殺さず」と云て、手を以て此の疵を撫で給ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、身に痛む所ろ無くして、疵忽に開て、其の中より百千の虻の子出でて、飛て散ぬ。然ば、𡀍2) て痛き所無し。

聖人、弥よ道心を発して、法花経を誦する事永く退かずして失にけりとなむ語り伝へたるとや。

1) , 2)
口へんに愈
text/k_konjaku/k_konjaku13-22.txt · 最終更新: 2015/08/07 17:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa