Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第18話 信濃国盲僧誦法花開両眼語 第十八

今昔、信濃の国に二の目盲たる僧有けり。名をば妙昭と云ふ。盲目也と云へども、日夜に法花経を読誦す。

而るに、妙昭、七月の十五日に、金皷を打むが為に出て行く間、深き山に迷ひ入て、一の山寺に至ぬ。其の寺に一人の住持の僧有り。此の盲僧を見て、哀むで云はく、「汝ぢ、何の故に来れるぞ」と。盲僧、答て云はく、「今日、金皷を打むが為に、只足に任せて迷ひ来れる也」と。住持の云く、「汝ぢ、此の寺に暫く居たれ。我れは要事有て、只今郷に出でて、明日返来べき也。我れ返て後、汝を郷に送り付む。若し、其の前に独り出でば、亦迷ひなむとす」と云て、米少分を預け置て出ぬ。

亦、人無きに依て、盲僧、一人寺に留て住持を待つに、明る日来ず。「自然ら郷に要事有て逗留するなり」と思て過るに、五日来ず。預け置ける所の少分の米、皆尽て食物無し。尚、「今や来る」と待つ程に、既に三月来ず。盲僧、為べき方無くて、只法花経を読誦して、仏前に有て、手を以て菓子(このみ)の葉を捜り取て、其れを食て過すに、既に十一月に成ぬ。寒き事限無し。雪高く降り積て、外に出でて木の葉を捜り取るにも能はず。餓へ死なむ事を歎て、仏前にして経を誦するに、夢の如く人来て、告て云く、「汝ぢ、歎く事無かれ。我れ、汝を助けむ」と云て、菓子を与ふと見て覚め驚ぬ。其の後、俄に大風吹て、大なる木倒れぬと聞く。盲僧、弥よ恐を成して、心を至して仏を念じ奉る。

風止むで後、盲僧、庭に出でて捜れば、梨子の木・柿の木、倒れたり。大なる梨子・柿、多く捜り取つ。此れを取て食ふに、其の味、極て甘して、一二果を食つるに、餓の心皆止て、食の思ひ無し。此れ偏に法花経の験力也と知て、其の柿・梨子を多く捜り取り置て、日の食として、其の倒れたる木の枝を折取て、焼て冬の寒さを過す。

既に年明けて、春二月許に成ぬと思ゆる程に、郷の人等、此の山に自然ら来る。盲僧、「人の来る也」と喜び思ふ程に、郷人等、盲僧を見て問て云く、「彼れは何者ぞ。何(いか)で此には有つるぞ」と怪み問へば、盲僧、前の事を落さず語て、住持の僧を尋て問ふに、郷人等、答て云く、「其の住持の僧は、去年の七月の十六日に、郷にして俄に死にき」と。盲僧、此れを聞て、泣き悲むで云く、「我れ、此れを知らずして、月来来ざる事を恨みつ」と云て、郷人の共に付て郷に出ぬ。其の後、偏に法花経を読誦す。

而る間、病に煩ふ人有て、此の盲僧を請じて経を誦せしめて聞くに、病即ち𡀍1)(いえ)ぬ。此れに依て、諸の人、盲僧を帰依する事限無し。

而る間、盲僧、遂に両眼開ぬ。「此れ、偏に法花経の霊験の致す所也」と喜て、彼の山寺にも常に詣でて、仏を礼拝恭敬し奉りけりとなむ語り伝へたるとや。

1)
口へんに愈
text/k_konjaku/k_konjaku13-18.txt · 最終更新: 2015/08/06 01:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa