Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第16話 比叡山僧光日読誦法花語 第十六

今昔、比叡の山の東塔に、千手院と云ふ所に、光日と云ふ僧住みけり。幼にして山に登て出家して、師に随て法花経を受け習はむと為るに、愚痴にして習ひ得る事を得ず。然れば、三宝に強に祈請して、一部を習ひ得たり。其の後、梅谷と云ふ所に籠居て、年来法花経を読誦して、専らに仏道を修行す。

而る間、霊験掲焉なる事頻りに有て、漸く其の聞え高く成ぬ。此れに依て、中関白殿1)の北の政所、光日聖人を帰依せしめ給て、日の供、并に衣服を常に与へ給ふ。

而る間、光日聖人、漸く老に臨て、愛宕護の山に移り住しぬ。其の所にして、日夜に法花経を読誦して、修行怠らず。

而る間、宿願有るに依て、八幡宮の宝前に参詣す。宝前にして夜る法花経を読誦するに、傍に人有り。其の人の夢に、宝殿の内より天童八人出来て、此の傍に経を誦する僧を礼拝して、香を焼き花を散じて舞ひ遊ぶ。亦、宝殿の内より音を出して宣はく、「如是聖者。必定作仏。昼夜光明。冥途耀日。」と宣ふと見て夢覚めぬ。見れば、此の僧、法花経を誦して傍に居たり。此の人、僧に夢の事を語て、僧を礼拝す。光日も此の事を聞て、泣々く礼拝して愛宕護に返にけり。

其の後、齢漸く傾て、命終る時に臨て、慥に法花経一部を誦し畢て失にけり。此れを思ふに、必ず浄土に生れたる人也となむ語り伝へたるとや。

1)
藤原道隆
text/k_konjaku/k_konjaku13-16.txt · 最終更新: 2015/08/05 01:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa