Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻13第10話 春朝持経者顕経験語 第十

今昔、春朝と云ふ持経者有けり。日夜に法花経を読誦して、棲(すみか)を定めずして、所々に流浪して、只法花経を読誦す。心に人を哀むで、人の苦ぶ事を見ては我が苦と思ひ、人の喜ぶ事を見ては我が楽びと思ふ。

而る間、春朝、東西の獄を見て、心に悲び歎て思はく、「此の獄人等、犯しを成して罪を蒙ると云へども、我れ、何にしてか、此等が為に仏の種を殖ゑしめて、苦を抜かむ。獄にして死なば、後生亦三悪道に堕せむ事疑ひ有らじ。然れば、我れ、故に犯を成して、捕らはれて獄に居なむ。然て、懃(ねんごろ)に我法花経を誦して、獄人に聞かしめむ」と思て、或る貴所に入て、金銀の器一具を盗て、忽に博堂に行て、双六を打て、此の金銀を見せしむ。集れる人、此れを見て怪むで、「此れは、某の殿に近来失たる物也」と云ひ騒ぐ間に、其の聞え、自然ら風聞して、春朝を捕へて、勘へ問ふに、事顕れて獄に居へつ。

春朝聖人、獄に入て喜て、本意を遂むが為に心を至して法花経を誦して、罪人に聞かしむ。其の音を聞く多の獄人、皆涙を流して、首を低(かたぶけ)て貴ぶ事限無し。春朝、心に喜て、日夜に誦す。

而る間、院々宮々より、非違の別当の許に消息を遣して云く、「春朝は此れ年来の法花の持者也。専に陵礫すべからず」と。亦、非違の別当の夢に、普賢、白象に乗て光を放て、飯を鉢に入て捧げ持て、獄門に向て立給へり。人、「何の故に立ち給へるぞ」と問へば、普賢の宣はく、「法花の持者、春朝が獄に有るに与へむが為に、我れ日毎に此如く持来る也」と宣ふと見て夢覚めぬ。其の後、別当、大きに驚き怖れて、春朝を獄より出しつ。

此の如くして、春朝、獄に居る事既に五六度に成ると云へども、度毎に必ず勘問する事無し。

而る間、犯す事有て、亦、春朝を捕へつ。其の時に、検非違使等庁に集て定むる様、「春朝は此れ極たる罪重き者也と云へども、度毎に勘問せずして免されぬ。此れに依て、心に任て人の物を盗み取る。此の度は尤も重く誡むべき也。然れば、其の二の足を切て、徒人と成すべし」と議して、官人等、春朝を右近の馬場の辺に将行て、二の足を切らむと為るに、春朝、音を挙て法花経を誦す。官人等、此れを聞て、涙を流して貴ぶ事限無し。然れば、春朝を免し放つ。

亦、非違の別当の夢に、気高くして端正美麗なる童、鬘(みづら)を結て束帯の姿也。来て別当に告て云く、「春朝聖人、獄の罪人を救はむが為に、故に犯しを成し、七度獄に居る。此れ、仏の方便の如く也」と云ふと見て夢覚めぬ。其の後、別当、弥よ怖れけり。

而る間、春朝、遂に行き宿る棲無くして、一条の馬出の舎の下にて死にけり。髑髏は其の辺に有て、取り棄る人無し。其の後の其の渡の人、夜る聞くに、夜毎に法花経を誦する音有り。其の辺の人等、此れを聞て貴ぶ事限無し。然れども、誰人の誦すると知らずして怪び思ふ間に、或聖人出来て、此の髑髏を取て、深き山に持行て置てけり。其の後、此の経を誦する音絶ぬ。然れば、其の辺の人、此の髑髏の誦しけりと云ふ事を知にけり。

春朝聖人をば、「只人に非ず、権者也」とぞ、其の時の人云ひけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku13-10.txt · 最終更新: 2015/08/03 01:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa