Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻12第8話 於薬師寺行万灯会語 第八

今昔、薬師寺の万灯会は、其の寺の僧恵達が始め行たる也。昼は本願薬師経を講じて、一日の法会を行ふ。寺の僧、法服を調へて、皆色衆たり。音楽を宗として歌舞隙無し。夜は万灯を挑て、様々に飾1)れり。此れ、皆寺僧の営み、檀越の奉加也。三月の廿三日を定て、其の会、于今絶えず。此の朝の万灯会、此れに始れり。

彼の恵達、後には僧都に成れり。生たる時には、此の会を自ら行ふ。死ぬる時に臨て、寺の衆に付たり。彼の恵達僧都をば、寺の西の山に葬せり。此の万灯会を行ふ夜は、其の墓に必ず光り有り。

此れを思ふに、極て哀れに貴き事にてなむ有る。心有らむ人は、必ず結縁すべき会也となむ語り伝へたるとや。

1)
「飾」底本異体字「餝」
text/k_konjaku/k_konjaku12-8.txt · 最終更新: 2015/06/10 01:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa