Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻12第25話 伊賀国人母生牛来子家語 第廿五

今昔、伊賀の国の山田の郡噉代(くひしろ)の里に、高橋の東人と云ふ人有けり。家大に富て、財に飽満たり。死たる母の恩を報ぜむが為に、心を発して、法花経を写奉て供養せむと為るに、東人が云く、「我が願には、縁有らむ師を請じて講師とせむ」と思て、法会を儲て、明日に供養せむと為るに、使を以て講師を請ぜむが為に遣に、使に教て云く、「始めて汝に値へらむ僧を以て、我に縁有けりと知て請ずべし。此れ、我が本の心也」と。

使、此の教を聞て、出て行くに、其の郡の御谷の郷にして、一人の乞者の僧値へり。見れば、鉢并に嚢を肘に懸て、酒に酔て道辺に臥せり。此れを其の人と知らず。但し、檀主の教に依て、「始めに此れ値る也。必ず此れを請ずべし」と思ふ。而る間、道を行く人、此れを見て、此れを嘲て、其の髪の長きを剃て、縄を懸て袈裟とせり。尚、覚驚かず。而るに、使、此れを請ぜむが為に、起し驚かしめて、礼みて請ず。

既に家に将至ぬ。願主、此れを見て心を発して、敬ひ礼む。一日一夜、家に隠し居へて、法服を造り調へて与ふ。其の時に、乞者、問て云く、「此れ何事に依てぞ」と。願主、答て云く、「我れ、汝を請ずる事は、法花経を講ぜしむが為也」と。乞者の云く、「我れ少も智無し。只、般若心経・陀羅尼許を読て、年来乞食をして命を継ぐ。□更に講の師に堪へず」と。然れども、願主、尚此れを許さず。爰に乞者の思はく、「我れ経を講ぜしむに、云ふべき事聊も思はず。只如じ、窃に逃なむ」と。願主、兼て其の心を知て、人を副へて此れを守らしむ。

其の夜、乞者、夢に赤き牸(めうし)来て、告げて云く、「我は此の家の男主の母也。此の家に有る牛の中に、赤き牸は此れ我也。我、前世に此の男主の母として、子の物を恣に盗み用ひたりしに依て、今牛の身を受て、其の債に償ふ也。而るに明日、男主、我が為に法花経を供養す。汝ぢ、其の師と有るが故に、貴びて懃ろに告知らしむる也。虚実を知むと思はば、法を説かむ堂の内に、我が為に座を敷て、其の上に我を居ゑしめよ。我れ、必ず其の座に登らむ」と云ふと見て、夢覚めぬ。

心の内に大に怪むで、明る朝に法会を始むるに、許さずして既に法服を着せしめつ。然れば、高座に登て法を説くに能はずして、先づ云く「我れ、少の智無くして、法を説くに堪へず。只、願主、許さざる故に、此の座に登る。但し、夢に告る所有り」と云て、具に夢の事を説く。願主、此れを聞て、忽に其の座を敷て、彼の牸を呼ぶに、即ち牸来て、此の座に登る。其の時に、願主、此れを見て、大に泣き悲て云く、「此れ実の我が母也けり。我れ、年来此れを知らずして仕ひ奉けり。今我れ免し奉る。我が咎を免し給へ」と。牸、此れを聞て、法会畢て後に即ち死ぬ。

法会に此れる道俗男女、此れを見て悲むで泣く音、堂の庭に満たり。願主、亦、牸の為に重ねて功徳を修しけり。此れ誠に願主の深き心を至して、母の恩を報ぜむと思ふ功徳の至れる、亦法花経の霊験の示す也と知ぬ。亦、乞者、年来陀羅尼を誦して功を積める験也と、見聞く人、皆讃め貴びけり。

此れを思ふに、人の家に牛・馬・犬等の畜の来らむをば、皆前世の契有る者也と知て、強に打ち責むる事をば止むべしとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku12-25.txt · 最終更新: 2015/06/28 13:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa