Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻12第19話 薬師仏従身出薬与盲女語 第十九

今昔、奈良の京に越田の池と云ふ池有り。其の池の南に蓼原里と云ふ里有り。其の里の中に堂有り。蓼原堂と云ふ。其の堂に薬師仏の木像在ます。

阿倍の天皇1)の御代に、其の村に一人の女有り。二の目共に盲たり。而るに、此の盲女、一人の女子を生ぜり。其の女子、漸く勢長して、年七歳に成ぬ。

母の盲女、寡にして夫無し。極て貧事限無し。或る時には、食物無くて食を求むるに得難し。我れ、必ず餓て死なむとす。亦、目盲たるに依て、東西を知らずして、行て求る事あたはず。然れば、歎き悲むで、自ら云く、「身の貧きは此れ宿業の招く所也。徒に餓死なむ事、疑ひ有らじ。只、命の有る時、仏の御前に詣て、礼拝し奉らむには如かじ」と思て、七歳の女子に手を引かしめて、彼の蓼原の堂に詣づ。

寺の僧、此れを見て哀むで、戸2)を開て堂の内に入れて、薬師の像に向はしめて、礼拝せしむ。盲女、仏を□□奉礼拝して3)、白して言さく、「我れ伝へ聞く、薬師は一度び御名を聞く人、諸の病を除く。我れ、其の誓に漏るべきに非ず。譬ひ前世の悪業拙しと云ふとも、仏、慈悲を垂れ給へ。願くは、我れに眼を得しめ給へ」と泣々く申して、仏の御前を去らずして有り。

二日を経るに、副たる女子、其の仏を見奉るに、御胸より桃の脂の如くなる物、忽に垂り出たり。女子、此の事を見て、母に告ぐ。母、此れを聞て云く、「我れ、其れを食はむと思ふ。速に汝ぢ彼の仏の御胸より垂り出たる物を取て、持て来て、我れに含めよ」と。子、母が云ふに随て、寄て此れを取て、持て来て、母に含むるに、母、此れを食ふに甘し。

其の後、忽に二の目開ぬ。物を見る事明らか也。喜び悲むで、泣々く身を地に投て、薬師の像を礼拝し奉る。此れを見聞く人、此の女の深き信の至れる事を讃め、仏の霊験掲焉に在ます事を貴びけり。

此れを思ふに、其の薬師の像、現に御身より薬を出して、病人に授て救ひ給ふ事、此の如し。然れば、「身に病を受くらむ人、専に信を発して、薬師の誓を憑奉べし」となむ語り伝へたるとや。

1)
元明天皇
2)
底本頭注「戸字丹本等ニヨリテ補フ」
3)
底本頭注「奉ノ上一本欠字セズ奉礼拝テニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku12-19.txt · 最終更新: 2015/06/21 12:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa