Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻12第14話 紀伊国漂海依仏助存命語 第十四

今昔、白壁の天皇の御代に、紀伊の国日高の郡に、紀麿と云ふ人有けり。心に因果を信じずして、三宝を敬はず。然れば、年来海辺に住して、網を持て海に出て、魚を捕るを以て朝暮の業とす。

然るに、紀麿、二の人を仕ふ。一人を紀の臣馬養と云ふ。其の国、安諦の郡の吉備の郷の人也。一人は中臣の連祖父麿といふ。同じ国の海部の郡の浜中の郷の人也。此の二の人、紀麿に随て、年来の間、昼夜に懃(ねんごろ)に駈(つか)はれて過るに、網を持て海に出て、魚を曳き捕るを役とす。

而る間、宝亀六年と云ふ年の六月十六日に、風大きに吹て、雨多く降る。此れに依て、高塩上て、大小の諸の木、多く河より流れ下る。其の時に、紀麿、此の馬養・祖父麿二人の従者を遣て、其の流るる木を取らしむ。

此の二人、主の命に随て、河に臨て多の木を取て、筏を編(あみ)て、其の筏に乗て下す間に、河の水甚だ大に荒くして、忽に筏を編める縄切れて、既に筏解けぬ。然れば、二の人、共に海に押出されぬ。二の人、各一の木を取て、其れに乗て、海に浮て漂ふ。然れども、二の人、互に知る事無し。永く陸に着くべき便無きに依て、忽に死むと為る事を歎き悲むで、音を挙て、「釈迦牟尼仏、我れを助け給へ」と念じて、叫ぶと云へども、更に助くる人無し。

而る間、五日を経たり。飲食せざるに依て、力無くして目見えず。東西を思ゆる事無し。而る間、祖父麿、五日と云ふ夕に、慮(おもは)ざる外に、淡路の国の南面に、田野の浦と云ふ所に、塩焼く海人の住む所に至り着ぬ。馬養は、六日と云ふ寅卯の時許、亦同じ所に至り着ぬ。□□□人1)、此等を見て、事の有様を問に、共に□人2)の如くして、言語も及ばず。暫く有て、気の下に云く、「我等は此れ紀伊の国の日高の郡の人也。主の命に依て、木を取らむが為に筏に乗て流れを下し間、河の水荒くして、筏の縄切れて壊れにしかば、海に押出されて、各一の木を取て、其れに乗て、浪に浮て日来を経る間、慮はざる外に、夢の如く此の所に来れる也」と。海人等、此れを聞て哀むで、此れを養ふに、日来を経て漸く力付て、例の如く成ぬ。

海人等、其の国の司として□□□といふ人、其の時に国に有り。此の由を申すに、国の司、此の二人を呼て、此れを見て悲び助て、粮を与へて養ふ間に、祖父麿、歎きて云く、「我れ、年来殺生の人に随て、罪を造る事量無し。今、亦其の所に返り至なば、本の如くに駈て、猶殺生の業止まらじ。然れば、我れ、此の国に留て、彼の所へ永く行かじ」と云て、国分寺に行て、其の寺の僧に随て住ぬ。

馬養は、二月を経て、妻子を恋ふるが為に、本の所に返り至る。妻子、此れを見て、驚き怪むで云く、「汝ぢ、海に入て溺て死ぬと知て、我等七々日の法事を儲て、没後を訪ふ。而るに、慮はざる外に、何として活(いきかへり)て返来れるぞ。若し、此れ夢か。若し、此れ魂か」と。馬養、妻子に向て具に事の有様を陳て、亦云く、「我れは汝等が恋さに依て返来る。祖父は殺生を止むが為に、彼の国に留て、国分寺に住て道を修す。我も亦然るべし」と。妻子、此れを聞て、悲び喜ぶ事限無し。

馬養、其の後、世を厭て、心を発して山に入て、仏の道を修行す。此れを見聞く人、「奇異の事也」と。3)

此れを思ふに、海に入て日来漂ふと云へども、遂に命を生き身を存する事は、此れ偏に釈迦如来を念じ奉れる広大の恩徳也。亦、此の二の人、信を深く至せるが故也。然れば、「人、若し難に値はむ時は、心を静めて念ひを専にして仏を念じ奉らば、必ず其の利益は有るべき也」となむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「人ノ上一本塩焼ノ二字アリ」
2)
底本頭注「人ノ上一本死字アリ」
3)
底本頭注「也トノ下脱文アラン」
text/k_konjaku/k_konjaku12-14.txt · 最終更新: 2015/06/18 23:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa