Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻11第1話 聖徳太子於此朝始弘仏法語 第一

今昔、本朝に聖徳太子と申す聖御けり。用明天皇と申ける天皇の、始て親王に御ける時に、穴太部の真人の娘の腹に生せ給へる御子なり。

初め、母夫人、夢に金色なる僧来て云く、「我は世を救ふ誓有り。暫く其の御胎に宿むと思ふ」と。夫人、答て云く、「此れ、誰が宣へるぞ」と。僧、宣はく、「我は救世の菩薩也。家は西に有り」と。夫人の云く、「我が胎は垢穢也。何ぞ宿り給はむや」と。僧、宣はく、「我れ、垢穢を厭はず1)」と云て、踊て口の中に入ると見て、夢覚ぬ。其の後、喉中に物を含たるが如く思えて懐妊しぬ。

而る間、用明天皇の兄、敏達天皇の位に即給へる年、正月の一日、夫人、宮の内を廻り行て、馬舎戸(うまやど)の辺に行き至る程に、太子、生れ給へり。人来て、太子を懐て寝殿に入る。俄に赤黄なる光り、殿の内を照す。亦、太子の身、馥(かうば)しき事限無し。

四月の後、言語勢長(おとなし)く、明る如し2)年の二月の十五日の朝に、太子、掌を合て東に向て、「南無仏」と宣て礼し給ふ。

亦、太子、六歳に成給ふ年、百済国より僧来て、経論を持渡れり。太子、「此の経論を見む」と奏し給ふ。天皇、驚き怪み給て、其の故を問ひ給ふ。太子、奏し給はく、「我れ、昔、漢の国に有し時、南岳に住して仏の道修行して年積たり。今、此の国に生る。此れを見(みん)と思ふ」と。天皇、許し給ふ。然れば、太子、香を焼き経論を開き、見給て後、奏し給はく、「月の八日・十四日・十五日・二十三日・二十九日・卅日を、此れを六斎の日と云ふ。此の日には、梵天・帝釈、閻浮提の政を見給ふ。然れば、国の内、殺生を止むべし」と。天皇、此れを聞給て、天下に宣旨を下して、此の日殺生を止給ふ。

亦、太子、八歳に也給ふ年、冬、新羅国より仏像を渡し奉る。太子、奏し給はく、「此れ西国の聖(さかし)き釈迦如来の像也」と。亦、百済国より、日羅と□□□□□□3)衣着て、下童部の中に交はり、難波の□□□□□□4)舎奉る。太子、驚き逃給ふ時、日羅、跪て掌を合て、太子に向て云く、□□、「敬礼救世観世音。伝灯東方粟散王」と申す間、日羅、身より光を放つ。其の時に、太子、亦眉の間より光を放給ふ事、日の光の如く也。

亦、百済国より弥勒の石像を渡し奉たり。其の時に、大臣蘇我の馬子の宿禰と云ふ人、此の来れる使を受て、家の東に寺を造り、此れを居へて養ふ。大臣、此の寺に塔を起むと為るに、太子の宣はく、「塔を起てば、必ず仏の舎利を籠め奉るなり」と。舎利一粒を得て、即ち瑠璃の壺に入て塔に安置して、礼奉る。惣て太子、此の大臣と心一つにして、三宝を弘む。

此の時に、国の内に病発て死る人多かり。其の時に、大連物部弓削の守屋・中臣の勝海の王と云ふ二人有て、奏て云く、「我が国、本より神をのみ貴び崇む。然るに近来、蘇我大臣、仏法と云ふ物を発て行ふ。是に依て、国の内に病発て、民皆死ぬべし。然れば、仏法を止められてのみなむ、人の命残るべき」と。此れに依て、天皇、詔して宣く、「申す所明けし。早く仏法を断つべし」と。亦、太子、奏し給く、「此の二人の人、未だ因果を悟らず。吉き事□□□□福忽に至る、悪き事を改ては禍必ず来る5)。此の二人、必ず禍に会なむとす」と。然(さ)と云へ共、天皇、守屋の大連を寺に遣て、堂塔を破り仏経を焼しむ。焼残る仏をば、難波の江に棄てつ。三人の尼をば、責打て、追出しつ。

此の日、雲無くして大風吹き雨降る。其の時に太子、「今禍発ぬ」と。其の後に、世に瘡の病発て、病痛む事、焼割くが如し。然れば、此の二人、悔ひ悲て、奏して云く、「此の病ひ、苦痛き事堪難し。願くは三宝に祈らむと思ふ」と。其の時に勅有て、三人の尼を召て、二人を祈らしむ。亦、改めて寺塔を造り、仏法を崇むる事、本の如く也。

然る間、太子の御父、用明天皇、位に即給ひぬ。詔して、「我れ三宝を帰依せむ」と。蘇我の大臣、勅を奏6)奉じて、僧を召して、初めて内裏に入れつ。太子、喜び給て、大臣の手を取て、涙を流して宣はく、「三宝の妙なる事、人更に知らず。只、大臣独り我れに心寄たり。悦ばしき事限無し」と。

而る間、人有て、窃に守屋の大連に告て云く、「太子蘇□□□□□□□守屋7)、阿都の家に籠居て、軍を□□□□□□助むとす8)。亦、此の二人の天皇を呪ひ奉ると云ふ事聞えて、蘇我の大臣、太子に申して、共に軍を引将て、守屋を罸(うた)むと為る。

守屋、軍を発て城を固めて、禦ぎ戦ふ。其の軍、強く盛にして、御方の軍、怖惶(おぢをののき)て、三度退き返る。其の時に、太子、御年十六歳也。軍の後に打立て、軍の政人、秦の川勝に示して宣はく、「汝ぢ忽に木を取て、四天王の像に刻て、髪の上に指し、鉾の崎に捧て、」願を発て宣はく、「我等を此の戦勝たしめ給たらば、当に四天王の像を顕し奉り、寺塔を起む」と。蘇我の大臣も亦此の如く願を発て戦ふ間に、守屋の大連、大なる櫟9)の木に登て、誓て、物部の氏の大神に祈請て箭を放つ。其の箭、太子の鐙に当て落ぬ。太子、舎人迹見の赤檮に仰て、四天王に祈て箭を放たしむ。其の箭遠く行て、守屋が胸に当て、逆様に木より落ぬ。然れば、其の軍壊ぬれば、御方の軍弥よ責寄て、守屋が頭を斬つ。其の後、家の内の財をば、皆寺の物を成して、荘園をば悉く寺の領と成しつ。忽に、玉造の岸の上に、始て四天王寺を造給ひつ。

亦、太子の伯父、崇峻天皇の位に即給て、世の政を皆太子に付奉り給ふ。其の時に、百済国の使、阿佐と云ふ皇子来れり。太子を拝して申さく、「敬礼救世大悲観世音菩薩。妙教流通東方日国。四十九歳伝灯演説。」とぞ申ける。其の間、太子の眉の間より、白き光を放給ふ。

亦、太子、甲斐の国より奉れる、黒き子馬の四の足白き有り、其れに乗て空に昇て雲に入て、東を指て去給ぬ。調使丸と云ふ者、御馬の右に副て、同く昇ぬ。諸の人、是を見て、空を仰て見喤(ののし)る事限無し。太子、信濃の国に至給て、御輿10)の堺を廻て、三日を経て還給へり。

亦、太子の御姑、推古天皇位に即給ぬ。世の政を偏に太子に任せ奉り給ふ。太子、天皇の御前にして、袈裟を着、主尾を取て、高座に登て、勝鬘経を講じ給ふ。諸の名僧有て義を問ふに、説き答ふる事妙也。三日講じて畢(はて)給ふ夜、天より蓮華雨(ふ)れり。花の広さ三尺、地の上三四寸満てり。明る朝に此の由を奏す。天皇、此れを見給ふに、大に奇(あやし)み貴み給事限無し。忽に其の地に寺を起てつ。今の橘寺是也。其の蓮華、于今彼の寺に有り。

亦、太子、小野の妹子と云ふ人を使として、前身に大隋の衡山と云つ□□□□□□□11)。妹子に教へ宣ふ、「赤県の南に衡山有り。其の□□□□□□□、我が昔の同法共有、皆死にけむ。今、三人ぞ有らむ。其れに会て、我が使と名乗て、其の所に我が住せし時に持(たも)ちし法花経の合せて一巻なる御すらむ。請て持来るべし」と。妹子、教の如く彼の国に行て、其の所に至る門に、一人の沙弥有り。妹子を見、其の言を聞て、返入て、「思禅法師の御使、此に来れり」と告ければ、老たる三人の杖を搥(つい)て出来て、喜て妹子に教て、経を取せつ。妹子、経を得て、持来て、太子に奉る。

亦、太子、鵤の宮の寝殿の傍に屋を造て、「夢殿」と名付て、一月に三度沐浴して入給ふ。明る朝に出給て、閻浮提の善悪の事を語り給ふ。

亦、其の内にして、諸の経の䟽を作り給ふ。或時に七日七夜出給はず、戸を閉て、音をも聞えず。諸の人、此れを怪む。其の時に、高麗の恵慈法師と云ふ人の云く、「太子は此れ三昧定に入り給へる也。驚かし奉る事無れ」と。八日と云ふ朝に出給へり。傍に玉の机の上に、一巻の経有り。太子、恵慈に語て宣く、「我が前身に、衡山に有りし時に、持奉りし経是也。去し年、妹子が持来れりし経は、我が弟子の経也。三人の老僧の我が納し所を知らずして、異経を遣(おこせ)たりしかば、我が魂遣(やり)て取たる也」と。其の経と見合するに、此には無き文字、一つ有り。此の経も一巻に書けり。黄紙□□□の軸也12)

亦、百済国より道欣と云ふ僧等十人来て、太子に仕る。「前の世に衡山にして法花経説き給ひける時、我等廬岳の道士として、時々参つつ聞しは我等也」と申す。

次の年、妹子、亦唐に渡て衡山に行たりけるに、前に有し三人の老僧、二人は死にけり。今一人残て云く、「去し年の秋、汝が国の太子、青竜の車に乗て、五百人を随て、東の方より空を踏て来て、古き室の内に挟める一巻の経を取て、雲を凌ぎて13)去給ひにき」と云ふを聞にぞ、「太子の、夢殿に入て七日七夜出給はざりしは、然也けり」と知る。

亦、太子の御□14)柏手の氏、傍に候時に、太子宣はく、「汝ぢ我に随て、年来一事を違はざりつ。此れ幸也。我が死なむ日は、穴を同くして共に埋むべし」と。妃の云く、「万歳千秋の間、朝暮に仕らむとこそ思給つるに、何(いか)に今日、終の事をば示し給ふぞ」と。太子の宣はく、「初め有る者、必ず終り有り。生ずるは死す。此れ人の常の道也。我れ、昔し多(あまた)の身を受て、仏の道を勤行しき。僅に小国の太子として、妙なる義を弘め、法無き所に一乗の理を説□□□□□□□□15)」此れを聞て、涙を流して、此の旨を承はる。

亦、太子、黒駒に騎(のり)て、難波の宮を出給ふ。片岡山の辺に飢たる人臥せり。乗給へる黒の小馬、歩ばずして留る16)。太子、馬より下て、此の飢人と談ひ給ひ、紫の御衣を脱て覆給て、歌を給ふ。

  志弖太留耶17)。加太乎加耶末爾。伊比爾宇恵弖。布世留太此々度。阿和連於耶那志。18)

其の時に、飢人、頭を持上て返歌を奉□

  伊加留加耶。度美乃乎加波乃。太衣波古曽。和加乎保岐美乃。美奈波和須礼女。19)

太子、宮に返給て後に、此の人死にけり。太子、悲び給て、此れを葬らしめ給つ。

其の時の大臣等、此の事を受けずして謗る人、七人有り。太子、此の七人を□□宣はく、「彼の片岡山に行て見よ」と。然れば、行て見るに、屍無し。棺の内、甚だ馥ばし。是を見て、皆驚き怪ぶ。

然る間、太子、鵤の宮に御坐て、妃に語ひ給ふ、「我れ、今夜世を去なむとす」と宣ひて、沐浴し洗頭し給て、浄き衣を着て、妃と床を并て臥給ぬ。明る朝に、久く起給はず。人々怪むで、大殿の戸を開て見るに、妃と共に隠れ給ひにけり。其の貌、生給へりし如し。香殊に馥ばし。年四十九也。其の終り給ふ日、黒小馬嘶き呼て、水・草を飲食ずして死ぬ。其の骸(かばね)をば埋つ。

亦、太子、隠れ給ふ日、衡山より持亙れり給へりし一巻の経、忽に見失つ。定て、亦具し奉り給へるなるべし。今の世に有るは、前に妹子が持亙れりし経也。新羅より渡り給へりし釈迦如来の像は、今に興福寺の東金堂に在ます。百済国より渡り給へりし弥勒の石像は、今古京の元興寺の東に在す。太子の作り給へる自筆の法花経の䟽は、今鵤寺に有り。亦、太子御物の具等、其の寺に有り。多の年を積めりと云へども、損ずる事無し。

亦、太子に三の名在す。一は厩戸の皇子。厩の戸辺にして生れ給へばと也。二は八耳の皇子。数人の一度に申す事を善く聞て、一言も漏らさず裁(ことわ)り給へれば也。三は聖徳太子。教を弘め人を度し給へれば也。亦、上宮太子と申す。推古天皇の御代に太子を王宮の南に住ましめて、国政を任せ奉りしに依て也。

此の朝に仏法の伝はる事は、太子の御世より弘め給へる也。然らざれば、誰かは仏法の名字をも聞かむ。「心有らむ人は、必ず報じ奉るべし」となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本異体字「猒」
2)
底本頭注「如シノ二字三宝絵詞ニナシ衍字ナラン
3)
底本頭注「日羅トノ下同書(三宝絵)云人来レリ身ニ光明アリ太子窃ニ弊タル衣ヲキテトアリ」
4)
底本頭注「難波ノノ下同書(三宝絵)館ニイタリテ見ル日羅太子ヲサシテ怪ブ太子驚キテ去ルトアリ
5)
底本頭注「吉キ事ノ下三宝絵詞善事行ヘバ福至リ悪事ヲ行ヘバ禍来ルトアリ改テハノ三字誤アラン」
6)
底本頭注「奏ハ衍字ナラン」
7)
底本頭注「云クノ下三宝絵詞人々ハカリゴトヲナスメリ兵ヲマウケヨトコレヲ聞キテ阿都ノ家ニ云々トアリ」
8)
底本頭注「軍ヲ云々同書(三宝絵詞)瓶子ヲアツメマウク中臣ノ勝海ノ連武者ヲオコシテ守屋ノ大連ヲタスケムトストアリ
9)
底本頭注「櫟ハ榎ノ誤カ」
10)
底本頭注「御輿ハ三越ノ誤カ」
11)
底本頭注「大隋ノ云々三宝絵詞モロコシノ衡山ニアリテタモテリシ経ヲ取リニツカハストアリ
12)
底本頭注「黄紙ノ下同書(三宝絵詞)ニ玉ノ軸ヲ入レタリトアリ」
13)
底本頭注「凌ギテノ三字三宝絵詞ニヨリテ補フ」
14)
底本頭注「御ノ下同書(三宝絵詞)ニ妻一本ニ妃トアリ」
15)
底本頭注「一乗ノ云々同書(三宝絵詞)一乗ノ義ヲ弘メ説ツ五濁悪世ニ久クアラムト思ハズトノ給フ妃トアリ
16)
底本頭注「片岡山ノ三字同書(三宝絵詞)ニヨリテ補ヒ黒駒云々ノ十三字丹本ニヨリテ補フ」
17)
底本頭注「志弖太留耶 太子伝暦往生極楽記拾遺集等シナテルヤニ作ル
18)
してたるや かたをかやまに いひにうゑて ふせるたびびと あわれおやなし
19)
いかるがや たびのをがはの たえばこそ わがをほきみの みなはわすれめ
text/k_konjaku/k_konjaku11-1.txt · 最終更新: 2016/05/22 11:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa