Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第39話 燕丹令生馬角語 第卅九

今昔、震旦の秦の代に、燕丹1)と云ふ人有けり。此の人、心猛く悟り有り。

幼稚の時に、国王2)に随て、秦に趣く。其の後、「返らむ」と思ふと云へども、返る事を得ずして、父母を見る事無し。此れに依て、燕丹、父母を恋悲て、国王に返らむ事を請ふに、更に許さず。

而るに、猶、泣き悲むで、返らむ事を請ふに、国王の宣はく、「汝ぢ、然らば、白き烏の頭、白き馬の角生たらむを、我れに見しめよ。其の時に許して、汝を返さむ」と。

燕丹、此れを聞て、泣き悲むで、天に仰て願ふに、忽に、白き烏の頭を得たり。地に伏て請ふに、角生たる馬来れり。此れを得て、国王に申すに、国王、「奇異の事也」と思て、速に燕丹を返し許しつ。

然れば、燕丹、思ひの如く、旧き郷に返て、父母を見て、悲み喜びけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
燕太子丹
2)
後の始皇帝
text/k_konjaku/k_konjaku10-39.txt · 最終更新: 2017/04/29 20:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa