Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第38話 於海中二竜戦猟師射殺一竜得玉語 第卅八

今昔、震旦に一人の猟師有けり。

海辺に山の指出たる所に行て、「鹿の来たるを待て射む」と思て、隠れ居たる間に、見れば、海の中に二の竜出来たり。一は青し。一は赤し。此の二の竜、互に噉合(くひあひ)て戦ふ。猟師、「奇異也」と見て居たる間に、一時許り戦て、青竜負て逃ぬ。

亦の日、見れば、昨日の同時に至て、亦、此の二の竜出来ぬ。前の如く噉合て戦ふ程に、亦、青竜負て逃ぬ。既に、二日、青竜負ぬ。

猟師、此の事を見むが為に、猶し、其の夜、其の所に宿しぬ。三日と云ふに、亦、二の竜出来ぬ。前の如く噉合に、青竜、負ぬべく弱く見ゆ。見るに、糸惜き事限無し。

其の時に、猟師の思はく、「此の三日見るに、二日は既に青竜負ぬ。彼れを助けむが為に、赤竜を射殺してむ」と思て、箭を矯(ため)て、赤竜に指し宛てて射るに、最も中を射つ。然れば、赤竜、逃て、海みの中に入ぬ。此れに依て、青竜、身平かにして、亦、海の中に入ぬ。

其の後、見れば、青竜、海の中より出来れり。玉を噉て、陸を指て来る。爰に猟師の思はく、「青竜、既に敵の赤竜を射たるに依て、勝つ事を得たり。此れ、我が恩に依て也。然れば、其の恩を報ぜむが為に、宝珠を持来て、我れに得しめむと為る也けり」と心得て、海辺に寄たれば、青竜、猟師を見て、弥よ近付き来て、玉を陸に吐き置て、海の中へ返り入ぬ。

其の時に、猟師、玉を取て、家に返ぬ。其の後、諸の財、心に任せて出来て、乏き事無し。然れば、家、豊に成て、財宝に飽き満ぬ。

「此れ、奇異の事也」となむ、世に語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku10-38.txt · 最終更新: 2017/04/29 18:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa