Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第35話 国王造百丈石卒堵婆擬殺工語 第卅五

今昔、震旦の□□代に、百丈の石卒堵婆を造る工有けり。

其の時の国王、其の工を以て百丈の石卒堵婆を造り給ひける間に、既に造り果て、国王、思ひ給ひける様、「我れ、此の石卒堵婆を思ひの如く造り畢ぬ。極て喜ぶ所也。而るに、此の工、外の国にも行て、此の卒堵婆をや起てむと為らむ。然れば、此の工を速に殺してむ」と思ひ得給ひて、此の工の、未だ卒堵婆の上に有る時に、下すべからずして、麻柱(あななひ)を一度にはらはらと壊しめつ。

工、下るべき様も無くて、「奇異也」と思て、「卒堵婆の上に徒に居て、為方無し。我が妻子共、然りとも、此の事を聞きつらむ。聞てば、必ず来て見つらむ。故無くして、我れ死なむずらむとは思はじ物を」と思ふと云へども、音を通す程ならばこそは呼ばはめ、目も及ばず、音の通はぬ程なれば、力も及ばで居たり。

而る間、此の工の妻子共、此の事を聞て、卒堵婆の本に行て、匝(めぐ)り行て見れども、更に為べき方無し。妻の思はく、「然りとも、我が夫は、為べき方無くては死なじ者を。構へ思ふ事有らむ者を」と、憑み思て、匝り行て見るに、工、上に有て、着たる衣を皆解て、亦斫(さき)て糸に成しつ。其の糸を結び継ぎつつ、耎(やを)ら降すが、極て細くて、風に吹かれて飄(ただよ)ひ下るを、妻、下にて此れを見て、「此れこそ、我が夫の験(しる)しに下したる物なめり」と思て、耎ら動せば、上に夫、此れを見て、心得て□□□動かす。

妻、此れを見て、「然ればこそ」と思て、家に走り行て、績み置たる□□取り持来て、前の糸に結ひ付けつ。上に動かすに随て、下にも動かすに、漸く上□□□此の度は切たる糸を結ひ付けつ。其れを絡(く)り取れば、亦糸の程なる細き□□□結付けつ。亦、其れを絡り取つれば、亦、太□□□縄を結ひ付けつ。亦、其れ□□□取れば、其の度は、三絡・四絡の縄を上げつ。亦、其れを絡り上げ取りつ。其の時に、其の縄に付て、構て伝ひ下りぬれば、逃て去にけり。

彼の卒堵婆を造り給ひけむ国王、功徳得給ひけむや。世挙て、此の事を謗けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku10-35.txt · 最終更新: 2017/04/23 11:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa