Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第3話 高祖罸項羽始漢代為帝王語 第三

今昔、震旦に漢の高祖1)と云人有けり。秦の代、亡ける時に、咸陽宮を罸(うち)随へて居たる間、其の時に、亦、項羽と云ふ人有り。此れ、国王の節2)也。「我れ、必ず国王の位に昇るべし」と思ふ間に、「咸陽宮を罸随へて居ぬ」と聞て、怪び思ふ事限無し。

而る間、人有て、項羽に告て云く、「高祖、既に咸陽宮を罸取て、国王として有り。『□□を以て臣と為べし』と。君、何(いか)に令(せし)め給ふや」と。項羽、此の事を聞て、大に嗔て云く、「我れこそ、王位に即くべきに、高祖、何でか我れを超て、王位に昇らむや。然れば、咸陽宮に行て、高祖を罸つべき也」と議し定て、忽に出立つ。本より項羽は心武くして、弓芸の方、高祖には勝たるに、軍を調ふるに、四十万人有り。高祖の方には、軍、十万人也。

項羽、軍を調へて、既に出立むと為る間、項羽に親き人有り。名をば項伯と云ふ。此の人、項羽が類也と云ども、年来、項羽に随て、眷属として有り。心武く、兵の道に堪たる事、世に並び無し。而る間、高祖が第一の眷属として、張良と云ふ者有り。彼の項伯と年来得意として、一事を隔る事無し。

互に心を通して過るに、項羽が嗔を成して、軍調へて、高祖を罸が為に咸陽宮へ出立むと為るを、項伯、見て思はく、「高祖は必ず罸たれなむとす。高祖、罸たれなば、我が得意の張良、命を存すべきに非ず。此れを思ふに、堪へ難し」と思て、忽に、項伯、窃に張良が所に行て、語て云く、「君、知らずや。項羽は高祖を罸が為に、軍を調へて、咸陽宮に出立つ。項羽、心の武き事、人に勝れたり。亦、軍の員、合ふべきに非ず。然れば、高祖、罸れむ事疑ひ無し。高祖、罸るれば、君、亦命を存すべからず。此れに依て、君と我れとが年来の睦び、長く別るべし。然れば、如かじ、只君高祖の許を去るべし」と。

張良、此れを聞て、答て云く、「君の教へ、尤も然るべし。実に年来の本意、□□□□□□教へに随ふべしと云へども、年来、高祖に随て、心に□□□□□隔る心なくて、年月を経る。今、命を失はむと為る期に臨で去む事、互の恩を忘む。此れ、思はざる事也。然れば、命を棄と云ふとも、忽に高祖を棄て去らむ事、有るべからず」と。項伯、此の事を聞て、還ぬ。

其の後、張良、高祖に語て云く、「項羽は既に君を罸が為めに、軍を調へて、来べしと聞く。彼の人は、兵の道、人に勝れたり。亦、軍の員、四十万人也。君の3)方には十万人也。戦ひ給はむに、必ず罸たれ給ひなむとす。然れば、只、項羽に随ひ給ひね。豈、命に増す物有らむや」と。

高祖、此の事を聞き、驚て、張良が言ばに随て、使を以て、項羽の所に云送て云く、「君、人の詐の言に依て、悪行を起し給ふ事無かれ。我れ、更に、『帝位に昇らむ』と思ふ心無し。只、子嬰の後、秦の代の乱にしかば、世を平げむが為に、咸陽宮を随(したがへ)て、君の帝位に昇て、来給はむを待也。人の無実の言を、更に信ぜしめ給ふべからず。我れ、此の宮に有りと云ふとも、未だ璽、及び公財を動かしめず」と。

項羽、此の事を聞て云く、「高祖の云ふ所の言は、我れ聞くと云へども、面(まのあたり)に相ひ互に語るべし。然れば、鴻門に来合ふべし。其の所にして、会ふべし」と、日を契て云ひ還しつ。

其の日に成て、高祖、眷属数多に非ずして、鴻門に至り合ぬ。項羽は眷属、千乗・万騎を引将て来れり。其の中に、項伯は項羽の一の眷属として、只、今日事有るべからざる由をぞ、懃(ねんごろ)に項羽に云聞かしめける。此れ偏に、張良と知音と有る故也。

既に鴻門に至り会ぬ。鴻門と云ふは、大なる門也。大幕を曳て、其の中に、先づ項羽・項伯は並て東向に居たり。其の喬(そば)に、南向に項羽が眷属、范増居たり。范増は年老て、兵の道極たり。其の向に、北向に高祖は居たり。高祖の眷属、張良は、西向に指去(さしのき)て居たり。

而る間、互に此の事を談(かたらひ)ぬ。高祖は、我れ□□□□□□□□□□□□□皆門の下に心を励まし、肝を磨く事の出来□□□□□□□□□思はく、「高祖をば、今日、必ず罸るべき也。若し、今日罸ずば、後には尤も悔る事有なむ」と思て、項羽が親き眷属、項荘と云ふ者を、窃に呼び取て、范増の語て云く、「高祖をば、今日、必ず罸るべき也。其れをば、何が謀るべき」と議して、「忽に、此の座の中にして、舞を奏すべし。項荘、其の舞人として、釼を抜て、乚(かなで)て、其の座の辺を渡らむ間、高祖の所ん至らむに、乚づる様にして、高祖が頸を切るべし」と謀つ。

其の後、此の如く、舞を奏さしむ。其の時に、項伯、其の気色を見て、猶、張良が哀れに依て、忽に項伯も立て、共に舞て、高祖に塞(ふた)がりて、罸たしめず成ぬ。其の時に、高祖、其の気色を心得て、白地(あからさま)に立つ様にて逃ぬ。

而るに、暇を請むが為に、還らむと為るを、高祖の眷属、樊噲、強に制止して、還らしめずして、具して逃ぬ。

而るに、張良は、「此の君の曳出物(ひきでもの)也」とて、白璧一朱4)を項羽に奉る。玉斗を范増に与ふ。范増、此れを取らずして、打破て棄つ。亦、彼の樊噲は、人也と云へども鬼の如し。一度に猪の片股を食し、酒一斗を一口に呑む。

其の後、項羽、引て還ぬ。其の後、項羽、高祖の許に使を遣るに、高祖、極たる美膳を儲け調へて、使を饗せれど、「此れ、項羽の使也けり」と知て後に、美膳を止めて、麁食の饗を出して云く、「此れは、范増の使と思てこそ美膳をば儲けつれ、項羽の使にては美膳を膳(そな)ふべからず」と云ふを、使、還て、項羽に語る。項羽、此れを聞て、大きに嗔て云く、「然らば、范増は高祖と中か吉かりけり。我れ、此れを知らず」と。范増が云く、「君は此れ、覚の人也。然か思つ」と云て、項羽の許を去ぬ。

亦、項羽、張良と項伯、得意と有る由を聞て、項伯に問て云く、「何の故に、汝ぢ、我れと親みて、亦、張良と得意なるぞ」と。項伯、答へて云く、「昔し、始皇の代に、我れ、張良と共に世に仕へて有し時、我れ、人を殺す事有りき。而るに、張良、其の事を知り乍ら、于今人に語らず。其の恩、忘れ難き故也」と。

而る間、高祖、咸陽宮に籠□□□□調へて、項羽を罸むと思ふ心有て、張良・樊噲・陳平等と議して、既に出立つ。其の道に白き蛇に値たり。高祖、此れを見て、速に切殺しめつ。其の時に、一人の老嫗出来て、白蛇を殺すを見て、泣て云く、「白竜の子、赤竜の子の為に殺されぬ」と。

此れを聞く人、皆、「高祖は赤竜の子也けり」と云ふ事を知にけり。(下文欠)

1)
劉邦
2)
底本頭注「節ハ筋ノ誤カ」
3)
底本「の」空白。脱字をみて鈴鹿本より補う。
4)
底本頭注「朱ハ双ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-3.txt · 最終更新: 2017/03/12 01:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa