Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第28話 震旦国王行江鈎魚見大魚怖返語 第廿八

今昔、震旦の□□代に、国王、大臣・公卿・百官を曳き将て、□□と云ふ大なる江有る所に行幸して、魚を鈎(つり)て、逍遥する事有けり。忽に、江の辺に多の屋を造て、其の荘(かざ)り、美麗を尽せり。

而る間、魚、多く鈎り得たる事、其の員を知らず。然れば、国王、此れを見て、大臣・公卿と共に、興じ給ふ事限無し。然れば、此の多の魚を膾(なます)に造て、種々に調へ備へて、食し給はむと為る間に、既に、日、晩方に成ぬ。

其の時に、江の面を見れば、水の上、極て怖(おそろ)し気に成る。国王より始めて、諸の人、此れを見て、怪むで、恐ぢ怖るる事限無し。

而る間、忽に、水の中より浮び出づる者有り。諸の人、此れを見るに、大なる魚の形也。長さ一丈余也。其れ、魚の形と云へども、頭を見れば、童の頭也。眼きらめきて、甚だ怖し。鼻・口皆有りて、人の如し。

国王に向て、音を挙て、申て云く、「悲哉。今日、国王、此の江に来り給て、多の魚を殺し給へり。君、此より後、殺生し給ふ事無れ」と云ふ。音、極て怖し。残の魚をも、作れる膾をも、皆江の中に投げ棄つ。其の膾、江の中に入て、各生きて、水の中に入ぬ。其の後、此の大魚も、水の中に曳き入ぬれば、見えず成ぬ。

其の時に、国王、弥よ怖□□、忽に大臣・百官を引て、宮に還給ひにけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku10-28.txt · 最終更新: 2017/04/10 12:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa