Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第27話 震旦三人兄弟売家見荊枯返直返住語 第廿七

今昔、震旦の□□代に、兄弟三人有けり。兄をば田達と云ひ、次をば田旬と云ひ、次をば田烟1)と云ひけり。父母、死にて後、三人共に一家に住して、世を過す。其の家に、紫の荊(むばら)有り。四時に花栄(さき)て、面白き事限無し。然れば、世に希れなる物と云て、見る人、皆な此の荊を感ぜずと云ふ事成し。

而る間、何なる事か有けむ、此の三人の兄弟、同心に相語て云く、「去来(いざ)、我等、此の家を売て、其の直を三に分て、三人して□□けりとなむ、取て此を去りなむ」と云て、即ち、家を売て、直を各分ち取て、去りなむと為る。

日比の荊、明旦を以て、三に分て、掘り取て、去りなむと為るに、其の夜、忽に其の荊失ぬ。明旦に見るに、荊無し。

其の時に、三人の兄弟、亦、相ひ語て云く、「此の荊、人取らずして、既に失にたり。此れ、我等が此を去る故也。然れば、草木そら尚し別離を惜む也。何況や、人をや。然れば、我等、猶此を去らじ」と云て、即ち、直を返して、三人、共に本の如く居ぬ。其の時に、荊、亦栄え生る事、本の如き也。

然れば、草木も皆、昔は此の如くぞ有けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「烟一本烔ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku10-27.txt · 最終更新: 2017/04/08 16:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa