Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第25話 高鳳任笇州刺史迎旧妻語 第廿五

今昔、震旦の漢の代に、高鳳と云ふ人有けり。幼稚の時より、心に智(さとり)有て、昼夜に文を学びて、更に他の思ひ無し。

而るに、高鳳、極て家貧くして、妻一人より外に相副へる者無し。然りと云へども、高鳳、猶世間の事を知らずして、只、文を学びて、年月を送る間に、忽に夕さり食ふべき物無し。然れば、妻、隣家に行て、麦を求て、持来て、夕さりの食に宛てむとして、庭に曝す。

妻、高鳳に語て云く、「我れ、夕さりの食物に依て、隣家に行て、麦を求て、持来て、庭に曝す。若し、鶏、出来て、此の麦を食はば、遠く追去らしむべし。我れは、火を取て来らむ」と云て、出でぬ。

其の後、鶏、出来て、此の庭の麦を食ふ。然れども、高鳳、文を学するに、他の心無が故に、此れを見入れずして、鶏、心に任せて、麦を皆食ひつ。

妻、返り来て見るに、麦無し。「何(いか)に此の麦は無きぞ」と問に、高鳳、知らざる由を答ふ。其の時に、妻、大きに嗔て云く、「汝、文を学すと云へども、世間の事を知らずして、極て愚也。今より、我れ、汝に相副はじ」と云へば、高鳳の云く、「我れは、今三年有て、富貴の身と成るべし。汝、其の時を待つべし」と云へども、妻、更に其の言を信ぜずして、去り離れぬ。其の後、其の妻、笇州1)と云ふ所に行て、夫に嫁(とつぎ)ぬ。

而る間、四年を経て、高鳳、遂に笇州の刺史に任ぜり。然れば、高鳳、富貴の身と成て、彼の州に下る間に、笇州挙て、道を揮(はら)ひ、所を浄め、騒ぎ営む事限無し。州の貴賤の男女、員知らずつどひ集て、刺史の下るを見る。

其の中に、刺史の旧き妻有て、今の夫と相共に、薮の中に入て此れを見るに、刺史、髣(ほのか)に旧妻の薮の中に有るを見て、輿を止めて、人を以て告て云く、「我れは、汝が旧き夫には非ずや。汝は、我が本の妻には非ずや」と云ひ遣(やり)たれば、妻、此れを聞て、大きに喜て、薮の中より出来たり。近く召し寄せて見るに、実なれば、哀れに思ふ事限無し。

刺史、旧き心失せずして、旧妻を召取て、本の如く居しめて、養ひければ、刺史の今の妻は、恥て去にけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「笇或ハ卞ニ作ルベシ下同ジ」。
text/k_konjaku/k_konjaku10-25.txt · 最終更新: 2017/04/07 12:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa