Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第23話 病成人形医師聞其言治病語 第廿三

今昔、震旦に、□□1)代に、身に重き病を受たる人有けり。其の時に、止事無き医師有けり。彼の病を受たる人、病を療治せしめむが為に、其の医師を請ずるに、医師、既に請を受けつ。

医師、其の夜の夢に、彼の病、忽に二人の童2)の形に成て、歎て云く、「我等、此の医師の為に傷はれなむとす。何が為べき。何所にか逃げむと為る」と云ふに、一人の童の云く、「我等、肓の上、膏の下に入なば、医師、何ぞ我等を傷むや」と云ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、医師、彼の病ぬる人の許に至て、病を見て云く、「我れ、此の病を療ずべからず。針も至るべからず。薬も及ぶべからず」と云て、治せずして返ぬれば、病者、即ち死ぬ。胆の下をば肓と云ひ、胆の上をば膏と云ふ也。然れば、其の所に至ぬる病をば、治の無ければ、此の如く云ふなるべし。

其の後、重き病を受たる人有り。同じ医師を請じて、病を療治せしめむと為るに、医師、請を受て、病者の許へ行く道に、忽に、二人の鬼有て、歎て云く、「我等、遂に此の医師の為に傷なはれなむとす。何が為べき」と云ふに、亦、前きに夢に云しが如く、「我等、肓の上、膏の下に入なば、更に力及ばじ」と云ふ。亦、一人が云く、「若し、八毒丸や服さしめむずらむ」と。今一人が云く、「其の時にこそ、我等、術無からめ」と云ふを聞て、医師、病ぬる人の所に怱ぎ行て、此の度は八毒丸を服せしめつ。病者、此れを服して、病、即ち愈ぬ。

然れば、病も皆心有て、此の如く云ふ也けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ上周ノトアルベシ」
2)
底本頭注「童一本童子ニ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-23.txt · 最終更新: 2017/04/06 22:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa