Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第21話 長安女代夫違枕為敵被殺語 第廿一

今昔、震旦の□□代1)に、長安に、一人の女有けり。形、美麗にして、心、正直也。

其の女に夫有り。其の夫に敵有り。其の敵、此の女の夫を殺さむが為に、其の家に来れり。其の時に、其の夫、他所に行て、其の家に無し。敵、見るに、夫無ければ、妻の父を捕へて縛る。

女、「父、縛られたり」と聞て、内より出たり。敵、女を見て、告て云く、「我れ、汝が夫を殺さむが為に来れり。而るに、汝が夫無し。汝ぢ、若し夫を出ださずば、汝が父を殺さむとす」と。女、敵に答へて云く、「豈に、夫の無き故に、父を殺す事有らむや。然れば、君、我が言に随て、後の時に此の家に来て、我が夫を殺すべし。此の寝屋には、夫は東枕に臥し、我れは西枕に臥す也。後に来らむ時、東枕にならむ夫を殺すべし」と。敵、此の事を聞て、父を免して去ぬ。

其の後、夫、来れり。妻、夫に語て云く、「今夜は、我れ、東枕に臥さむ。君は西枕に臥せ」と云て臥ぬ。

即ち、敵、入り来て、東枕なる妻を、「此れ夫也」と思て殺しつ。其の時、敵き、既に妻を殺せり。夫は命を存せり。敵き、此れを見て、痛み歎く事限無し。然れば、「此れ、妻の夫に代て、枕を替へて殺さるる也けり」と知ぬ。

其の後、敵、大きに此れを哀むで、永く怨の心を止めて、始めて骨肉の契を成けり。

然れば、昔は此の如く、我が身を棄て、夫の命を生たる女人有けり。「此れ、極て有難き事也」とぞ、聞く人、皆云ひけるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ上唐ノトアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-21.txt · 最終更新: 2017/04/03 21:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa