Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第18話 霍大将軍値死妻被打死語 第十八

今昔、震旦の先帝1)の時に、霍大将軍2)と云ふ人有けり。心猛くして、悟り有り。此の人、国王の御娘を妻として有り。

而る間、其の妻死ぬ。将軍、限り無く恋ひ悲むと云へども、亦相ひ見る事無し。而るに、将軍、忽ちに栢の木を伐て、一の殿を造て、此の死せる妻を、其の殿の内にして、葬(はふり)しつ。

其の後、将軍、悲みの心に堪へずして、朝暮に彼の殿に行て、食物を備へて、礼して還る。此の如くして、既に一年を経る。

将軍、日晩方に、彼の殿に行て、例の如く食物を備ふる時に、昔の妻、本の姿にして出来れり。将軍、此れを見て、恋ひの心深くして有りと云ども、恐ぢ怖るる事限無し。妻、将軍に語て云く、「汝ぢ、我を恋て此の如く為る事、実に哀れに貴し。我れ、喜ぶ所也」と。将軍、此の音を聞くに、弥よ恐ぢ怖る。

夜深くして、人無し。将軍、「逃げ去なむ」と思ふ間に、妻、将軍を捕へて、忽に懐抱せむとす。将軍、怖ぢ迷て、逃げなむと為るを、妻、手を以て、将軍の腰を打つ。将軍、打れて逃て去ぬ。

家に帰て後、即ち腰を痛むで、夜半に死ぬ。其の後、□3)皇、此の事を聞給て、此の女霊を貴て、封百戸を加へ給ふ。其の後は、国に災起らむと為る時には、彼の殿の内鳴る事、雷の音の如く也。加之、新たなる事多し。其の殿の鳴る時は、世の人、「例の栢霊殿の音、鳴る」とぞ云ひける。

然れば、人を恋ひ悲む心深くとも、然の如きの事をば為べからず。霊と成ぬれば、本の人の時の心は失せて、極て怖しき事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「先ハ元ノ誤カ」
2)
霍去病もしくは霍光
3)
底本頭注「皇ノ上天トアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-18.txt · 最終更新: 2017/04/01 22:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa