Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第17話 李広箭射立似虎巌語 第十七

今昔、震旦の□□1)代に、李広と云ふ人有けり。心猛くして、弓芸の道に勝れたり。

而る間に、一の虎ら、李広が母を害せり。人有て、李広に此の由を告ぐ。李広、此れを聞て、驚て来て見るに、実に母、虎の為に害せされたり。然れば、李広、弓箭を取て、虎の跡を尋て追ひ行く。

即ち、一の山の口の野中に追ひ至て、見るに、虎、臥したり。李広、此れを見て、喜て、射るに、虎を射立てつる事、彇(はず)の斉(ほぞ)に至る。

李広、我が母を害せる虎を射る事を喜て、寄て見るに、射たる所の虎、既に虎に似たる岩にて有り。「奇異也」と思て、其の後、此の岩を射るに、箭立たずして、踊り還る。

爰に、李広、思はく、「『我が母を害せる虎を射む』と思ふ心の深きに依て、岩にも箭は立つ也けり。『岩ぞ』と思て射る時には、立たざりけり」と思て、泣々く還ぬ。

其の後、此の事、世に広く聞て、李広が虎を追て射たる心を讃め哀びけり。

然れば、「実の心を至さむ時は、諸の事、此の如きも有ぬべき也けり」とぞ、世の人云けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ上漢ノトアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-17.txt · 最終更新: 2017/03/29 16:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa