Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第16話 養由天現十日時射落九日語 第十六

今昔、震旦の□□1)代に養由2)と云ふ人有けり。心極て猛くして、弓射る事、射と射る者、掌を指すが如し。然れば、国王、此の養由を武芸の道に仕はるるに、事毎に愚かならず。此れに依て、国、挙て養由に随ふ。

而る間、天に日、十出たり。一して照すそら、雨降らざれば猶し旱也。何(いか)に況や、日、十出でて照すに、草木、堪ふべきに非ず。皆枯れ失ぬ。此れに依て、国王より始めて、大臣・百官及び民、皆歎き悲む事限無し。

其の時、養由、心に思はく、「天には日、一出る、此れ人の業力に依て有る事也。而るに、今、十の日、俄に出たり。九の日は、必ず此れ、国の為に怪を致せるならむ」と思て、養由、弓を取て、箭を矯(ため)て、天に向て日を射るに、九の日を射落したり。本の一の日は天に在して照す事、本の如し。

其の時に、養由が為に射落さる所の九の日をば、国の怪也と云事を知ぬ。然れば、皆人、養由を讃めて、□□3)する事限無し。

「此れを思ふに、心猛き人の為には、変化の者も顕るる事也」とぞ人云けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ下周ノトアルベシ」
2)
養由基
3)
底本頭注「讃メテノ下一本帰伏トアリ」
text/k_konjaku/k_konjaku10-16.txt · 最終更新: 2017/03/29 16:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa