Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第13話 荘子見畜類所行走逃語 第十三

今昔、震旦に荘子と云ふ人有けり。心賢くして、悟り広し。

此の人、道を行く間、沢の中に一の鷺有て、者を伺て立てり。荘子、此れを見て、窃に、「鷺を打む」と思て、杖を取て、近く寄るに、鷺逃げず。

荘子、此れを怪むで、弥よ近く寄て見れば、鷺の、一の蝦を食むとして立てる也けり。然れば、「人の打むと為るを知らざる也」と知ぬ。亦、其の鷺の、食むと為る蝦を見れば、逃げずして有り。此れ、亦、一の小虫を食むとして、鷺の伺ふを知らず。

其の時に、荘子、杖を棄てて、心の内に思はく、「鷺・蝦、皆、我れを害せむと為る事を知らずして、各、他を害せむ事をのみ思ふ。我れ、亦、鷺を打むと為るに、増さる者有て、我れを害せむと為るを知らじ。然れば、如かじ。我れ、逃なむ」と思て、走り去ぬ。

此れ、賢き事也。人、此の如き思ふべし。

亦、荘子、妻と共に水の上を見るに、水の上に大きなる一の魚浮び遊ぶ。妻、此れを見て云く、「此の魚、定めて心に喜ぶ事有るべし。極て遊ぶ」と。荘子、此れを聞て云く、「汝は、何で、魚の心をば知れるぞ」と。妻、答て云く、「汝は、何で、我が魚の心を知り知らずをば知れるぞ」と。其の時に、荘子の云く、「魚に非ざれば、魚の心を知らず。我れに非ざれば、我が心を知らず」と。

此れ、賢き事也。実に、親しと云へども、人、他の心を知る事無し。然れば、荘子は妻も心賢く、悟り深かりけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku10-13.txt · 最終更新: 2017/03/20 12:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa